前回からの続き

がんが早期でないかぎり、うっすらと「もしかして、いつか自分は、がんで死んでしまうのではないか」という疑いを抱くことがあるかもしれません。あなたのがんが初発であって、根治を目指した治療を組み立てている限りは、こうした思いに支配されてしまうことは少ないでしょう。しかし、そうした場合でも、心の片隅にこうした思いがよぎることはあるかもしれません。

がんがあなたにおこす「揺さぶり」のなかで最も強く、つらいものはこの「あなたをかすめた死の可能性」ではないでしょうか。ほとんどの人は口先ではどうあれ、本当の意味で「自分も死ぬ」ということを、リアリティをもって感じたことは無いはずです。この生まれて初めて目の前に突きつけられた「自分の死」のリアリティのかけら、に向かい合う必要が出てきます。

ほとんどの場合、あなたは(根治を含め)試みるべき治療を提案されている、または自分の死を強烈に実感させられるほどの症状を感じていないという状況にあると思います。ですから、あなたが向かい合うのは、「あなたの死」そのものではなく、あなたの死のリアリティの「かけら」です。

この「死のリアリティのかけら」は一定の大きさのものではなく、状況によって大きくなったり小さくなったりします。がんを告知されたその瞬間は、あなたを押しつぶしてしまうくらい大きく膨らんでいるかもしれません。そして、早期のがんであり、十分根治できると実感を持って理解できたときには見えなくなるくらい小さくなっているでしょう。

つづく

総合内科専門医/臨床心理士
飯島 慶郎

コメント

当コメント欄は、記事に対する感想を記入いただくものでQ&Aではありません。(質問を投稿をされても、筆者からは回答いたしません。)
いただいた内容は、執筆の今後の記事執筆の参考とさせていただきます。
コメントは確認後に反映されます。

コメントを残す