前回からの続き
さて、前回まではがん相談支援センター内部におけるケースワーキングの機能につ
いて概観してきました。がん相談支援センター内の相談員はもともと社会福祉士、
保健師などの相談支援の専門家ですし、がんの相談支援に関する「がん専門相談員
」の資格の取得もしており、援助に必要な知識やスキルは豊富です。しかし、さら
に高度な専門性が要求されるような相談の場合は外部の専門家と連携をとる必要が
ある場合も出てきます。

一例をあげるならば、難易度が高いとされる障害年金の申請、就労に関する法的問
題、薬剤に対する高度な疑問、深い心理的問題の相談などです。こうした問題はそ
れぞれ、社会保険労務士、弁護士、薬剤師、臨床心理士などと連携するほうが得策
です。こうした、外部の専門家への連携目的の紹介を「コンサルテーション」とよ
びます。がん相談支援センターの機能の一つとして、こうしたコンサルテーション
が挙げられます。もちろん、外部への紹介相談ですから、無料というわけにはいか
ないとは思いますが、必要があればあなたにあったコンサルテーション先を、とも
に探してくれるでしょう。

こうしたコンサルテーション先の一種ともいえますが、がん相談支援センターは、
がんの患者会やがんサロン、がんピアサポーターなど、がん体験者、がん闘病者と
つながるための窓口の役割もしています。いきなり患者会やサロンに顔を出すのは
勇気がいることでしょうから、まずはがんピアサポーターとして登録されている人
を紹介してもらい、サポートを受けてみるのもよいでしょう。
がんピアサポーターとは、がん患者さんに寄り添い支えるという「ピアサポート」
を実践するボランティアで、がん治療を実際に体験された人が、数日間の研修を経
て認定されるものです。つまり、高い志を持って自分の体験をもとに「ピア=仲間
」という立場から、あなたに寄り添い支えたいと思ってくださっている人たちなの
です。

つづく

総合内科専門医/臨床心理士
飯島 慶郎

この執筆者の記事一覧

がんと診断されたあなたへ

相談する

コメントを残す

PAGE TOP