なんとなく体がだるい感じがする、やる気が起こらない、イライラしやすい――仕事や家事、友人との付き合いや子育て等、毎日何かしらに追われて忙しく過ごしていると、知らない間に疲労もたまり、こんな症状が出ること、ありますよね?

「ちょっと疲れがたまっているだけだから」とやり過ごしてはみるものの、この体の不調、よくよく振り返ってみると生理前や生理中に必ず起こっていたりはしませんか?
今回の「女性の悩みに着目したフェミニンケア女子会」では、この女性特有の症状ともいえる、PMS(月経前症候群)やPMDD(月経前不快気分障害)についてご紹介します。

■PMS(月経前症候群)とは?

生理前や生理期間中、多くの女性がデリケートゾーンの蒸れやニオイといった不快感・食欲の増減・下腹部の違和感など、何かしらの不調は抱えているものです。
しかし、これらの身体的または精神的に及ぶこともある不調が著しくあらわれる症状をPMS(月経前症候群)といいます。
症状がごく軽い場合もあれば、日常生活に支障が出るほど重くなる場合など、個人差はあるものの、あらわれる症状としては主に以下のものがあげられます。

<身体的なもの>
下腹部の痛みや張り・頭痛・腰痛・むくみ・乳房の張り・動悸・めまい・食欲不振または
過食・体重の増加
<精神的なもの>
イライラ感・倦怠感・抑うつ・不安感・緊張感・集中力や判断力の低下・無気力・不眠・
眠気

いずれの症状も、生理が始まる3~10日ほど前から毎月のように始まり、生理が始まるにつれ良くなっていくという特徴があります。

■PMDD(月経前不快気分障害)とは?

そして、これらの症状の中で、特に精神的な症状が生活に支障をきたすほど強く出る状態のことをPMDD(月経前不快気分障害)といいます。
PMDDの場合は、特に強い不安感・自分では抑えられないほどのイライラ感・うつ症状など、感情が著しく不安定な状態になります。

症状がひどい場合、自分自身で感情のコントロールができなくなるために、意図せず人間関係に亀裂が生じてしまったり、症状を理解してもらえずに周囲から孤立してしまい、ますます追い込まれてしまったりすることもあります。
他の精神的疾患との区別がつきにくいこともあり、PMDDはPMSとは異なり産婦人科の治療のみでは難しいこともあります。

■PMSやPMDDの原因は?

残念ながらはっきりとした原因はいまだ解明されていませんが、第一に生理が始まる前の時期の女性ホルモンの分泌量バランスの乱れに関係があるのではないかと考えられています。
さらに、気持ちを落ち着かせたり、幸福感を増やしたりする効果のある脳内物質の分泌量が生理前の時期に減少することも、精神的な症状を引き起こす原因とされています。
しかし、これらに限らずストレスや生活習慣など、さまざまな要因も関係しているのではないかといわれています。

■この不調、どうすればよい?その発見方法

今まで特にこれといって意識したことがなかったけれど、よく考えてみると「時々いわれもなく体がだるい時がある」「いつもなら気にならないようなことで、妙に落ち込んでしまう時がある」など思い当たることがある人は、まずはいつ頃そのような不調があらわれたかをカレンダーや手帳などに具体的に記録してみましょう。

ある程度の期間を記録しておき、見返してみた時にその不調がだいたい毎月同じぐらいのタイミングであらわれていて、生理期間が始まると改善していくようであれば、その症状はもしかするとPMSやPMDDであるかもしれません。

それでは、もしあなたがPMSまたはPMDDであった場合、どのように対処すれば症状は良くなっていくものなのでしょうか?
次回の「女性の悩みに着目したフェミニンケア女子会」では、その具体的な対処法をご紹介していきます。

<参考>
・公益社団法人 日本産科婦人科学会ホームページ 「月経前症候群(premenstrual syndrome : PMS)」
http://www.jsog.or.jp/modules/diseases/index.php?content_id=13
・厚生労働省研究班監修 女性の健康推進室ヘルスケアラボ 「月経前症候群(PMS)」
http://w-health.jp/monthly/pms/

有名雑誌や大手メディアでコメントするライターやTV出演もある女性陣を結集した女子会
女性の悩みに着目したフェミニンケア女子会
PAGE TOP