皆さんこんにちは。前回は「治療と職業生活の両立支援のためのガイドライン」の中から、「両
立支援の経過の中で起こり得るさまざまな病状変化のケース」についてご説明しました。今回
は「がん」という疾患の特徴を踏まえ、がんにり患した方の両立支援を考える際に把握してお
く必要のあるポイントを皆さんで共有していきたいと思います。

【両立支援ガイドラインにおけるがん治療の特徴について】

・がんに対する治療については近年、さまざまな先端医療が話題となっています。それに伴
い、がんにり患した患者の生存率も向上しているのだと私も医療現場において感じています。
一方で、がんに関わる治療のための入院日数はますます短くなり、現在では通院にてがん治
療を行われている方が多くなっている印象を受けます。

・現在、がん治療においては「外科手術」「化学療法」「放射線治療」の3つが代表的な治療方
法です。おさらいの意味でもこの3つの治療法の特徴をお伝えしたいと思います。

[外科手術]

外科手術でがん組織を取り除きます。さらに取り除いた臓器や器官の再建をする処置も行わ
れます。

[化学療法]

抗がん剤治療と呼ばれるもので、がんが増殖するのを抑制したり、他の臓器への転移を防い
だり、再発を防いだり、小さながんで転移している可能性のある場所を治療するために用いら
れます。化学療法は広範囲に治療の効果が期待できますので、転移の可能性がある時や転
移を予防する時、血液やリンパのがんのように広い範囲に治療を行う時に用いられます。こ
の療法は薬剤を「飲み薬」として体内に入れる方法と、「点滴注射」で血管に直接注入する方
法があります。

特に点滴注射で行う治療は、治療を行う日と治療を行わない日を組み合わせた1~2週間程
度の周期を設定(1クール・1コースなどと称する)して治療し、この一連の治療を繰り返し、効
果や副作用をみながら継続されるのが一般的です。
最近は抗がん剤の進歩もあり、副作用が緩和され副作用に対する治療が進歩してきたことか
ら、入院せずに外来通院で化学療法を行うことも多くなりました。

[放射線治療]

細胞分裂がおこる際に関わる遺伝子に直接作用します。放射線を照射することで、がん細胞
が増えないように、または細胞が新しい細胞に置き換わる時に脱落する仕組みを促すことで
がん細胞を消滅させたり少なくさせたりする治療法です。
 
放射線治療は「外部照射」と「内部照射」があります。外部照射は、電子線・エックス線・ガン
マ線・陽子線・重粒子線などの放射線を体の外から照射することでガン組織に作用させます。
内部照射は、放射線源を管・針・ワイヤー・粒状などの形態となった容器に密封しがん組織や
その周囲組織に直接挿入、またはカテーテルを通して放射線源を体内に送り込むことで内部
から放射線を照射し治療します。一般的な治療に要する時間は10~20分程度で、放射線が
照射されている時間は数分程度です。

上記の3大治療方法はがんの種類や進行度に応じて組み合わせる「集学的治療」が基本に 
なっています。また、近年ではホルモン療法や遺伝子療法などさまざまなアプローチが研究さ
れており、治療の幅も変化しています。標準治療と呼ばれる治療ガイドラインに基づく一般的
な治療法は定められていますが、個人差が大きいのもがんの特徴だと考えられます。そのた
め、治療内容と治療に要必要な期間も個別に確認することが必要になります。

次回はがん患者の両立支援に関する留意事項についてご紹介いたします。

社会福祉士
佐々木

この執筆者の記事一覧

がんと療養

がんと付き合いながら働くこと

暮らしとお金

医療者コラム

PAGE TOP