6月、メリーランド州ベセスダの国立衛生研究所(NIH)で開催されたワークショップに100人ほどの研究者が参加し、一部のがん治療に見られる重大な、しかしこれまで過小評価されてきた副作用について話し合いました。その副作用とは、心疾患です。

ある種のがん治療は心臓や循環器系にダメージを与えます。こうした副作用には高血圧や不整脈、心不全などがあり、化学療法や放射線療法だけでなく、標的療法や免疫療法など新しいタイプのがん治療によっても誘発されたり、悪化したりすることがあります。

「がん治療は心臓を含め多くの器官や器官系に影響を及ぼします」と会議で発言したのはサロ・アルメニアン(オステオパシー医学博士・公衆衛生学修士)氏です。シティ・オブ・ホープ総合がんセンターで小児がんの治療にあたるアルメニアン医師は、治療中に心臓への副作用が認められた場合、医師は投与量を調整したり完全に治療を中止したりすることもあると言います。

しかし心臓への副作用の中には、患者の治療が終了してから何年も、時には何十年も発見されないものもあります。取材に対し米国国立がん研究所(NCI)がん予防部門の副部長を務めるロリ・ミナシアン医学博士は「がんと診断された患者の寿命は昔よりも延びており、循環器系への晩発的な影響が生じるまで生きているサバイバーも多いのです」と答えています。

ミナシアン医師によれば、近年はがん治療による長期的な循環器系への副作用(心毒性といいます)が体系的に記録され始めているそうです。

治療関連心毒性の予後の改善を目指すワークショップでは、政府、学会、民間からの参加者が現在わかっていることとわかっていないことを整理し、将来どのような研究を優先すべきかについて話し合いました。この会議はNCIと米国国立心肺血液研究所(NHLBI)が共催しました。

心臓への様々な治療関連副作用を探る

このワークショップではがん研究のある課題が浮き彫りになりました。腫瘍循環器学(cardio-oncology)と呼ばれ、日々変わり続けるがん治療やその組み合わせの中で、心臓への副作用の特定や研究を行う領域です。

例えば、免疫療法が医療の現場で次々と導入されるにつれ、いくつかの薬剤を使った治療では心臓への特定の副作用が見られることが明らかになってきています。

最近行われたある研究は、免疫チェックポイント阻害剤という免疫治療薬の投与を受けた患者のごく一部において、心筋炎と呼ばれる心臓の筋肉の炎症が起こることを示しました。この研究では、重症の心筋炎を患った患者の半数が亡くなりました。

「小さいながらも決して無視できない数の患者が、免疫チェックポイント阻害剤による心臓への影響が直接の原因で死亡しています」とバンダービルト・イングラムがんセンターの腫瘍循環器学プログラムの責任者であり、この研究を主導したジャビッド・モスレヒ医学博士は言います。(チェックポイント阻害剤の投与を受ける患者における心筋炎の発生率は1%前後だと推計する研究もあります)

チェックポイント阻害剤による心筋炎についての研究は「ちょっとした話題になっている」ものの、他の多くのがん療法でも循環器系の有害事象が起こりうる、と同氏は指摘します。

モスレヒ医師は更に、この十年間多くの心毒性研究のテーマとなってきた抗がん剤を例にあげ、「ドキソルビシン以外のがん治療薬による、他の形態の心血管毒性にももっと注意を向けなくてはなりません」と訴えます。「もっと視野を広く持つべきです」

デューク大学の腫瘍循環器学の責任者の一人であるスーザン・デント医学博士も口をそろえます。デント医師は現場で薬を導入する際、その潜在的な心臓への副作用についての情報を医師も患者も必要としている、と言います。

「ある薬の心毒性について知るのに、10年待ってから研究を計画するのでは遅いと思うのです」とデント医師は言います。

早期に亡くなったがん患者のエピソードを共有—————————–

心毒性の深刻さを訴え、現実の生きた問題として捉えてもらうため、ワークショップでは複数のスピーカーががん治療関連の心臓疾患で早期に亡くなった方々のエピソードを紹介しました。そのうちの一人がエレン・ストヴォールさんです。

がんサバイバーを代表して精力的に活動し、NCIの諮問委員も務めたストヴォールさんは、長期にわたって三つの異なるがんの治療を受けていました。そのうちのいくつかの治療が慢性の疾患を引き起こし、ストヴォールさんは2年程前に69歳で突然亡くなりました。死因はがん治療による循環器系疾患の合併症でした。

会議で紹介されたもう一つの例は、複数のがんの治療により心臓病を発病し、トリプル・バイパスの緊急手術を受けた女性のケースです。この女性は47歳で亡くなりました。

「せっかく一つのがんを治しても、二つ目のがんが発生した上に治療関連の心臓病を発病し、(40代で)トリプル・バイパス手術を受けるのでは意味がない」とデント医師はコメントしています。

——————————————————————-

適切な臨床方針の決定にはより多くの研究が必要

より多くの研究が必要とされるのは、適切な情報をもってがん治療や心臓への副作用についての臨床方針を決定するためでもあります。「腫瘍科も循環器科も、エビデンスに基づく患者ケアのガイドラインを導入したいと思っていますが、研究の数が足りないのです」とミナシアン医師は説明します。

メモリアル・スローン・ケタリングがんセンターの腫瘍内科医であるチャウ・ダン医学博士は、鍵となる問いは ”who, when, how” に集約できると言います。すなわち、心血管の疾患について誰を、いつ、どのようにモニタリングすべきなのか、という問題です。

ワークショップでは心臓の筋肉が損傷したときに放出されるたんぱく質の複合体であるトロポニンなど、心臓や血管の損傷を示すバイオマーカーについても議論が行われました。これらのバイオマーカーは治療で心臓に副作用が起きる可能性があるがん患者のためではなく、心臓病患者のために開発されたものです。

このため、循環器系の損傷を示すバイオマーカーを心毒性リスクの評価や、治療中のがん患者・長期サバイバーの心血管のモニタリングに応用できるかどうかはわかっていません。「抗がん剤による損傷パターンと、純粋な心臓病の損傷パターンが同じかどうかは不明です」とミナシアン医師は言います。

それでも、画像検査など他の検査手法もある中で、がん治療による心血管の損傷判断においてバイオマーカーは有効なのか、どのように利用するのがよいのかといった点を確認する必要がある、と複数のスピーカーが主張しました。

「現段階ではバイオマーカーと画像検査をどのように組み合わせて、どの患者にいつ行うべきかはわかっていません」とデント医師は言います。

がん治療が循環器系を損傷するメカニズムの解明

ベス・イスラエル・ディーコネス医療センター腫瘍循環器学プログラムの循環器専門医、アーティ・アスナニ医学博士は取材に答えて「今あるのは、心外傷を示す一般的で比較的特異性が低いバイオマーカーなのです」と述べています。

アスナニ医師は新たなバイオマーカーの開発には「心毒性のメカニズムの解明と大規模な無作為臨床試験による検証」が欠かせないと言います。

ワークショップでは、がん治療がどのように循環器系に害を及ぼしうるかについてもっと詳しく知ることが重要だと主張した参加者も複数いました。こうした情報があれば、心臓への副作用が起きるリスクが高い患者をより正確に予測する手法など、今大いに必要とされている研究ツールや、リスクを削減するための戦略の開発に役立てることができるとデント医師は言います。

「がんの薬はそれぞれ異なるメカニズムで異なる循環器系の障害を引き起こします」とモスレヒ医師は言います。「前に進むためには心血管毒性の特質を知る必要があるのです」

患者を長期にわたって観察する大規模な臨床研究があれば、心臓への中長期的な副作用がいつどのように発生するのかについての洞察を得ることができるはずだ、とアルメニアン医師は言います。

乳がんの場合:心臓への副作用と乳がん

乳がんの治療法には心臓への副作用が確認されているものもあり、心毒性の研究ではこの10年ほど乳がんがクローズアップされてきました。

滅多にないことですが、このエビデンスに基づいてアメリカ心臓協会は最近、心血管疾患と乳がんに関する科学的な声明を発表しました。声明の著者らによれば、一部の(特に高齢の)乳がんサバイバーでは、がんによって死亡するリスクよりも循環器系疾患で死亡するリスクの方が高い場合がある、というのです。

コロンビア大学医療センター内ハーバート・アービング総合がんセンターで乳がんを研究するドーンL.ハーシマン医学博士も同感だといいます。「つまり、乳がん治療が飛躍的に進歩した結果、現在早期乳がんと診断される女性はがんよりも心臓疾患で亡くなる確率の方が高いのです」と取材に答えています。

抗HER2療法、ドキソルビシンや放射線療法など一部の乳がん治療では心臓に副作用があることがわかっているものの、患者の循環器系の健康状態に影響を与えうる要因は他にもある、とハーシマン医師は指摘します。

「この問題の大きな原因は、がん患者の心血管リスク要因をうまく管理できていない場合があるということです」と説明します。「ある女性が乳がんと診断されたとして、コレステロール管理や糖尿病コントロールなど他方面の健康管理がおろそかになる場合が多いのです」

がんサバイバーにおけるがんと心臓病のダブルリスクの問題には腫瘍科医も循環器専門医も頭を抱えているとミナシアン医師は言います。「大切なのは健康で生産的な人生を送れるよう、二つの病気のリスクを管理することができるかということなのです」

最終目標はがん診断時に患者の心血管疾患リスクを理解し、がんの治療中、そして終了後もそのリスクを管理することだとミナシアン医師は説明します。患者が既に循環器系疾患を患っていれば、がんと共にその病気もケアするのだと言います。

心臓への副作用に関する普及啓発

米国社会の高齢化が進み、がんケアが日々進歩する中、心毒性は今後より大きな問題に発展する可能性が高いと警告する研究者もいました。

こうした状況にも関わらず、心臓病や腫瘍学の専門家の間でも、がん治療による心臓への副作用についての理解はあまり浸透していないという指摘もありました。

「がんサバイバーの心臓や血管の健康が大切であることを伝えていくために、医師、薬剤師、看護師など医療チーム全体を巻き込んでいく必要があります」とデント医師は言います。

患者やサバイバーにも正しい情報を提供する必要があり、また心毒性の分野での前進には研究者間のコラボレーションが欠かせないとミナシアン医師も言います。「循環器だけ、或いはがんの専門家だけでは答えられない心毒性の基本的な問いを解決するために、両者が協力する必要があるのです」と言います。

外科も支援するがん治療—————————–

心臓への副作用のリスクを抑えながらがんの治療を進めるために、診療科を横断するチームを立ち上げた病院やがんセンターもあります。

例えばチェザル・イリエスク医学博士は、テキサス大学MDアンダーソンがんセンターで介入性腫瘍循環器学(interventional cardio-oncology)と呼ばれる新たな領域に携わっています。このチームの医師や研究者たちは、がんと心臓病を併発した患者が必要とするがん治療を受けるための複雑な手順を専門にしています。

イリエスク医師は「併存症があっても、がん患者(体力がない方も含め)が必要とする循環器系の処置は全て行うことができる」と胸を張ります。「患者が循環器系疾患で死亡することはないとかなりの自信を持って言えます」

MDアンダーソンの研究者らはがん患者における急性冠症候群の臨床管理レビューなどの成果を発表しています。

「こうしたタイプの患者ケアをどのように管理すべきかというデータはあまりないので、私たちの経験を共有したかったのです」とイリエスク医師は言います。「非常にダイナミックで興味深い分野です」

———————————————————————————————-

原文:September 21, 2018, by NCI Staff
https://www.cancer.gov/news-events/cancer-currents-blog/2018/cancer-treatment-heart-side-effects

米国国立がん研究所(NCI)のニュースと研究の最新情報
出典元:米国国立がん研究所(NCI)

本記事は情報提供を目的として、当サイトが翻訳したものです。
翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

PAGE TOP