アスレティックトレーナーとは

アスレティックトレーナーという職業を耳にしたことはあるでしょうか。学生時代、運動部に所属していた人や日常的にスポーツ観戦をしている人なら、一度は聞いたことがあるでしょう。今回は、アスレティックトレーナー(以下、AT)という職業について簡単にご紹介します。

・アスレティックトレーナーとは?

ATとは、公益財団法人 日本スポーツ協会が認定している資格の名称です。同協会によると、ATの役割とは「スポーツドクターおよびコーチとの緊密な協力のもとに、競技者の健康管理、外傷・障害予防、スポーツ外傷・障害の救急処置、アスレティックリハビリテーションおよびトレーニング、コンディショニング等にあたる」とされています。

身近な例では、サッカーやラグビーの試合観戦をしていると、ピッチに倒れた選手のもとに駆けつけるチームスタッフを見たことがあるかもしれません。そのスタッフが、スポーツドクターだったり、アスレティックトレーナーだったりします。

・多岐にわたるトレーナーの役割

トレーナーと聞くと、フィットネスジムのインストラクターのような職業をイメージする人も多いかもしれません。競技者のパフォーマンスをさらに向上させる役割を担うのが、ストレングストレーナーやフィジカルコーチ・フィットネストレーナーと呼ばれる人たちです。

似たような役割でいえば、病院などに勤務する理学療法士(PT)や作業療法士(OT)のようなメディカルトレーナーはなじみがあるのではないでしょうか。PTやOTは、傷害を負った状態から日常生活が快適に過ごせるようにトレーニングします。

ATは、ちょうどその中間に位置する存在です。日常生活を送れるようになった競技者が競技復帰をするまで、アスレティックリハビリテーションやトレーニングを通してサポートします。それぞれの役割が他領域までカバーすることも多くあり、特にATの役割は受傷直後のリハビリからパフォーマンスアップまで多岐に渡ります。

・アスレティックトレーナーの持つ得意分野

中には、国家資格をバックグラウンドに持ちながら活動するATもいます。柔道整復師や鍼灸・あんまマッサージ指圧師、理学療法士、看護師など、それぞれの資格の得意分野を生かしながら、競技者のサポートを行います。メディカルに強いATやパフォーマンス向上に強いATなど、背景によってストロングポイントが変化します。さらに、対象とする競技者の年齢層によりATの関わり方も異なるため、一言にATと言っても幅広さや多彩さがあります。

今回は、ATという職業について少しでもイメージできればという思いで、ATという職業についてご説明いたしました。これからこのコラムでは、がんに関する話題を私の職業であるATという視点から紹介します。がんに対するリハビリテーションやがんとスポーツの関わりなど、科学的根拠を取り入れながら発信していきますのでよろしくお願いします。

参考図書
山本利春: 公認アスレティックトレーナー専門科目テキスト第1巻 アスレティックトレーナーの役割. 公益財団法人日本スポーツ協会, 文光堂, 東京, 2017.

Jリーグクラブ・アスレティックトレーナー / 修士(体育学)
下田 源

大学院にて体育学(スポーツ医学)の修士号を取得後、同大学研究員等を経て、
Jリーグクラブのアスレティックトレーナーに就任。
アカデミーからトップチームのトレーナーを歴任し、幅広い年代の選手に対するコンディショニング・フィットネス・リハビリテーションを担当。
また、アスリートだけではなく、一般の方を対象としたトレーニング・フィットネス・コンディショニング指導も実施中。
資格
:日本体育協会アスレティックトレーナー
、NSCA公認ストレングス&コンディショニングスペシャリスト
、高等学校教諭(保健体育)


PAGE TOP