多くの人にとってがんの告知は、これまでにないほどのショッキングな出来事です。
医師の話も耳に入らないほど、精神的に落ち込んでしまうかもしれません。
なので、あらかじめがんの告知をされた時に医師に最低限すべき3つの質問を頭の片隅に置
いておきましょう。
そうすることで、あなたや大切な家族が後悔のない選択ができるようになります。

(1)医師に治療件数の多さを聞く
近代医療はとてつもなく細分化されており、いくら医師といえども全ての分野において専門家
になれません。

例えば、同じ外科医でも胃がんを専門としており、年中胃がんの治療に取り組んでいる専門
家のような外科医もいれば、まんべんなく多くの種類のがんの治療に取り組むオールラウン
ダーのような外科医もいます。

そして、告知を行った医師がそのまま主治医となる場合が多いのですが、主治医がそのがん
の治療を得意としていないこともありえます。
少し聞きにくいかもしれませんが、大切な治療に関することなので勇気を出して医師に治療
件数の多さを聞いてみましょう。

本当に良い医師は、自分の専門分野の治療は自信を持って行いますし、自分の得意としな
い分野であれば、専門の医師に相談できないか検討してくれるはずです。

もし、治療件数について質問をして不機嫌になる医師であったなら、患者の命よりも自分のプ
ライドを優先していることになりますので、大切な治療を任せるには不適格と考えた方がよい
かもしれません。

(2)今後の治療や検査の流れを聞く

一口にがんを告知されたと言っても、がんの部位や種類、進行度は人それぞれ全く別物です。
また、痛みや体のつらさ、もともとの持病の有無も当然治療や検査に影響します。

もちろん、一刻も早く検査をして治療に取り組みたい気持ちもあると思いますが、まずは自分
の状況やこれからの流れを把握しないことには気持ちが焦るばかりです。

一度検査や治療が始まってしまうと、予定を変更することは難しいでしょう。
治療に専念するためにも、今後の流れを医師から聞いて、しっかりとイメージをして準備を整
えていきたいですね。

(3)あなたや家族にできることを聞く

治療は医療者が一方的に行うものではなく、あなた自身や家族も積極的に参加するものです。
例えば、あなたが喫煙者であれば治療をするにあたって喫煙をやめる必要があったり、治療
をするための体力を温存しておく必要があったりします。

進行がんであれば貧血があることも考えられますので、疲れやすい、ふらつくなどの症状が
あり、家族の助けが非常に重要となります。

後悔のない治療にするためには医療者に任せきりではなく、自分たちにできることを積極的
に聞いて行っていきましょう。

以上の3点になります。

もしも、あなたや大切な家族が告知を受けた時、あるいは既に告知を受けている人でもぜひ
確認していただけると幸いです。

看護師・保健師
嶋津 佑亮
PAGE TOP