閉経後の女性を対象に不正出血と子宮体がんとの関連性を調べた過去最大規模の研究で、子宮体がんと診断された女性の9割においてがんの発見前に不正出血があったとことがわかりました。また、閉経後に不正出血があり受診した女性のおよそ9%が、後に子宮体がんと診断されています。

他のがんと違って子宮体がんの確率は近年上昇しており、今後10年間も世界的にその傾向が続く見通しです。上昇の背景は肥満の増加や出産回数の変化など、主にホルモンに関係する要因だと考えられています。子宮体がんを早期に発見できた女性は、少なくとも5年は生きられる可能性が95%あります。対して、子宮の外にもがんが広がってから発見された場合、5年間生きられる可能性は大きく下がり、16~45%程度です。

多くのがんは症状が現れるころには病気が進行しており治療が難しいが「子宮体がんは話が別で、(症状を見極めることができれば)医療が介入するチャンスがあり」、長期生存率を高められる可能性がある、と話すのは研究を主導した米国国立がん研究所の腫瘍・遺伝学科(DCEG)メガン・クラーク博士です。

閉経後の不正出血があった女性は通常、子宮体がんでないかどうかを確認するために検査を受けるよう勧められます。本研究には関わらなかったフォックス・チェースがんセンターのクリスティーナ・チュウ医師(医学博士)は、不正性器出血が子宮体がんの症状の一つであることは知られていたものの、大規模な研究が行われたことにより検査を勧める方針が正しいことが裏付けられた、と語ります。

「閉経後に不正出血があったら、かかりつけの先生に知らせるべきです」とチュウ医師は続けます。「多くは良性のものですが、簡単な手続きで子宮体がんの可能性を除外することができます」

世界における子宮体がんの調査

子宮体がんと閉経後の不正出血の関係をより大きな視点から把握するため、DCEGのクラーク博士とニコラス・ウェンツェンセン医学士・博士が率いる研究チームは、4万人以上の患者が含まれる129件の調査をとりまとめるメタ分析を行いました。ヨーロッパ、北米、アジアにまたがる各調査の元となったデータは1977年から2017年までの間に収集されたものです。研究チームは、閉経後の不正出血があった女性における子宮体がんの有病率を集計し、全体の総計と地域別の数値を計算しました。また、ホルモン補充治療などの要因が子宮体がんの有病率に影響するかを調べました。

分析結果は総じて、過去の研究で示された通り、子宮体がんと診断された女性の90%が閉経後の不正出血を経験していたことを実証しました。

閉経後の不正出血があった女性のうち子宮体がんと診断された女性の人数は、地域によりばらつきがありました。全体の確率は9%でしたが、北米の5%から西ヨーロッパの13%まで、幅が見られました。

それぞれの調査同士を比較すると、閉経後の不正出血があった女性における子宮体がんのリスクは、ホルモン補充治療を受けている女性が含まれる調査において低くなる傾向がありました。これは部分的には、ホルモン補充治療自体が(特に最初の6か月間は)出血を引き起こす場合があるからかもしれない、とクラーク博士は説明します。

注意を要するのは「(ホルモン補充治療を)開始して6か月以上たっても不正出血が続くときのみ」であり、こうした場合は子宮体がんの検査を受けるべきだと言います。

現行の検査方針を肯定

現在、不正性器出血があった女性の子宮体がん検査は経腟超音波検査、生検組織診断、またはその両方を行います。

生検組織診断は侵襲性が高く怖いものと思われがちですが、子宮内膜の生検は(柔らかいブラシなどで子宮内部を軽くこすって細胞を採取する)パップテストなどとあまり変わらない単純な処置だとチュウ医師は言います。パップテスト同様、クリニックで受けることができ、麻酔は不要です。

今回の調査で研究チームは、閉経後の不正出血があった女性何人を検査すると子宮体がんのケースが1件見つかるのか、リスクの度合いや検査手法の違いなども加味してシミュレーションを行いました。子宮体がんのリスクが(メタ分析ではじきだされた数字に近い)10%とし、対象者がその後超音波検査を受けたと仮定すると、女性7人が生体検査を受けるとがんが1件見つかる、と推計できます。

女性に検査を勧める前に医師は「閉経後の不正出血があったとして、がんのリスクはどのくらいなのか?」と自問すべきだ、とウェンツェンセン博士は言います。「私たちが導いた10%という数字は、こうした女性に検査を勧める現状の方針を支持するものです」

より有益な医療を目指して

研究結果が示しているのは「閉経後の不正(性器)出血があった女性が子宮体がんを患っている可能性は低いが、子宮体がん患者の大半が不正出血を経験している、ということです。二つの違った角度から問題を捉えているだけです」とチュウ医師は言います。

この研究によって不安を煽りたいわけではないが、閉経後の不正出血があったら検査を受けることは即ち「子宮体がんを(うまくすれば)早期に発見できるチャンスであり、早期に発見できれば治癒できる可能性が高い」ということを知っていてほしい、とクラーク博士は訴えます。

DCEGチームは現在マヨ・クリニックと共同で、試験的に閉経後の不正出血があった女性における子宮体がんの診断数を調べる新たな研究を進めています。この研究データを使ってリスクを示すバイオマーカーを特定し、精密検査を必要とする女性をより正確に見極めるためにより優れたモデルを構築したいという目論見もあります。

研究チームは更に、アラバマ大学と提携して子宮体がんの診断における人種間の違いを調べる研究を立ち上げました。「現在、アフリカ系アメリカ人の女性の方が侵襲性が高い診断を受けることが多く、白人女性よりも子宮体がんで死亡する確率が高いことが分かっています」とクラーク博士は言います。

こうした差異や症例の増加もあって「問題は深刻化していますが、正しい知識を持つ人が増え、より正確に早期発見できるようになれば、子宮体がんの生存率を改善することができるかもしれません」とウェンツェンセン博士は結びます。

原文はこちら:August 29, 2018, by NCI Staff
Study Provides Closer Look at Postmenopausal Bleeding and Endometrial Cancer

米国国立がん研究所(NCI)のニュースと研究の最新情報
出典元:米国国立がん研究所(NCI)

本記事は情報提供を目的として、当サイトが翻訳したものです。
翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

PAGE TOP