皆さんこんにちは。前回は「一般病床」に関してご紹介してきました。今回は精神科に関わる
入院の形態や対応する病床に関して取り上げてみたいと思います。

まず、精神科病院への入院は、一般的な科目の入院と違い、入院の形態が「精神保健福祉
法」により決まっています。全部で5種類あり、「任意入院」「医療保護入院」「応急入院」「措置
入院」「緊急措置入院」となっています。まずは簡単にこの種類に関してご説明いたします。

【任意入院】
・精神科医が入院の必要性を判断し、かつ患者さん本人が自らの意思で入院することを同意
している場合の入院です。
・患者さんは入院中の権利などについて書面で説明を受けて、自ら納得し、署名することで入
院しての治療が開始されます。

【医療保護入院】
・精神保健指定医が入院の必要を認め、かつ患者さん本人が入院に同意をしなかった場合
に、「家族」の同意を得て入院となります。
・この「家族」には、親権者、扶養義務者、配偶者、後見人、保佐人などが該当します。

【応急入院】
・入院の必要性はあるものの患者さん本人だけでなく家族の同意も得られない場合に、精神
保健指定医の判断で入院となります。

【措置入院】
・ただちに入院させなければ、患者さんによる自傷、他傷の恐れがあると精神保健指定医2名
の判断が一致した場合でのみ、入院が可能となります。
・これは都道府県知事、政令指定都市の市長命令により執り行われます。

【緊急措置入院】
・ただちに入院させなければ、患者さんによる自傷、他傷の恐れがあり、かつ緊急を要する場
合にのみ、精神保健指定医1名の診察により入院する方法です。
このように精神科の入院は、その症状により緊急性も判断されますが、同時に患者さん自
身の希望や判断だけではない所で入院が決まっていく場合があるのです。そのため、精神科
の医療機関では、入院中の患者さんに対して人権の尊重や個人の尊厳を守るために、患者
さん本人とその家族から、医療機関に対する説明を求めることや、処遇の改善を訴えること
や、退院を請求することができるようになっています。
さて、ここからは精神科の患者さんが入院となる病床についてご説明いたします。

【精神科病床】
・精神疾患を治療する病床で、統合失調症やうつ病、アルコール依存症や摂食障害などを専
門的に治療します。
・医学的な管理下での治療や看護を始め、薬物療法やカウンセリング、リハビリテーションを
行います。
・日本は人口に対する精神科病床の割合が高く、入院期間も長期になっていることが度々話
題に上がっています。
・患者さんが治療を終えて退院ができる精神状態になったとしても、暮らすことを支える手段
や地域との関係性がうまくいかず、結果的に「社会的入院」につながり、中には10年以上入院
している人もいます。
・長期化する精神科入院では入院患者の高齢化に伴い、内科的疾患を始めさまざまな病状
を対応するために、他の科目との連携も重要になっています。

次回も引き続き、精神科に関わる病床についてご説明していきます。

社会福祉士
佐々木

この執筆者の記事一覧

がんと療養

暮らしとお金

医療者コラム

PAGE TOP