皆さんこんにちは。前回は「地域包括ケア病床」「医療型療養病床」についてご説明しました。
今回も引き続き病床のご紹介をいたします。

【特殊疾患病床】
・重度の障害がある人や神経難病にり患している人に対して、長期的な医療的ケアや介護を
専門に行う病床です。
・病状や症状の特性上、人工呼吸器を始め、さまざまな医療的管理下で療養を支えていく必
要があり、医療と介護の両面で支援が必要な人が多く入院されているのが特徴です。

《入院対象の病状・症状》
・スモン ・筋ジストロフィー症 ・多発性硬化症 ・重症筋無力症 ・筋委縮性側索硬化症 ・
脊髄小脳変性症 ・パーキンソン病 ・ハンチントン病 ・多系統委縮症 ・仮性球麻痺 ・脳性
麻痺 ・脊髄損傷など重度障害のある人 ・重度の意識障害がある人
・入院が長期的になる場合が多いことから、入院費用も高額になることが想定されますが、入
院対象の病状によっては難病法による医療費助成制度や障害福祉制度による重度心身障
がい者の医療費助成制度の活用ができますので、長期的な医療費を抑えることも可能です。

【障がい者施設等一般病床】
・重度の障害や難病にり患された人を対象に治療を行う病床です。
・入院対象となる人は「重度の肢体不自由児・肢体不自由者」「脊髄損傷などの重度障がい
者」「重度の意識障がい者」「神経難病患者」です。
・前述した「特殊疾患病床」の入院対象患者と似ている部分がありますが、こちらは神経難
病を含む総合的な重度障害の人を受け入れる病床となっています。
・入院対象となる病状に関しては、特殊疾患病床で前述した入院対象の病状と同様です。

【緩和ケア病床(ホスピス)】
・がんにり患された人や、後天性免疫不全症候群(AIDS)の人に対して痛みやつらさを緩和
させていくケアを行う病床です。
・身体的な痛みはもちろん、精神的、社会的、スピリチュアル的な痛みを含む「全人的苦痛」を
和らげて、穏やかに過ごしていくことを目的とした入院です。そのため、積極的な治療や検査
は行われないことがあります。
・現在では症状が緩和されれば、自宅療養ができるような指導や退院できるような支援を行
い、自分らしい暮らし方や生き方を支える取り組みを行っています。
・退院して緩和ケア病床から全く離れるという訳では無く、病状の変化や本人家族の不安を
解消していくために、困った時は再入院ができる体制が作られてきています。
・入院中は基本的に症状や病状に関しては事実に基づく説明をされます。そのため、本人の
状態にもよりますが、本人がガン未告知の場合、基本的には告知をされてから緩和ケア病床
へ入院されることが多くなります。

次回も引き続き医療機関の機能と役割についてご紹介いたします。

社会福祉士
佐々木

この執筆者の記事一覧

がんと療養

暮らしとお金

医療者コラム

PAGE TOP