今回は寝起きの一杯のコーヒーやリラックス時に飲むお茶に含まれているカフェインについて
です。

■カフェインを取るとなぜ目が覚めるのか
カフェインの話をする前に生体内で重要な役割をしているアデノシンという物質にお話しさせ
ていただきます。このアデノシンは遺伝情報やエネルギー輸送などなど生体内では多岐にわ
たる作用をしており、作用の中の一つに睡眠(特にノンレム睡眠)に影響を与えることが分か
っています。アデノシンは睡眠のスイッチ(アデノシン受容体)にはまることで眠くなります。そ
のスイッチにアデノシンと形が似ているカフェインがはまることで眠気がおさまるというのが有
力な情報と言われています。

■カフェインが体内からなくなる時間
コーヒーなどに含まれるカフェインは飲んでから小腸で吸収されますが、通常45分以内で
99%が吸収されます(空腹時に飲むと吸収時間はもう少し早くなります)。

そして、温めたカフェインでは、30〜60分後に血中濃度は最高になり、2.5〜4.5時間後には半
分の血中濃度になっています(冷たいものは、胃の活動や血流が低下することで吸収時間は
遅くなります)。

このように体内のカフェインが半分になるだけでも約4時間もの時間がかかるので、寝付きが
悪いかつ夜にカフェインをとっているあなたは、夕食後以降のカフェイン摂取を控えても良い
かもしれません。

また、高齢者や子供は肝臓でのカフェイン分解時間が長くなる傾向があるので特に気をつけ
てください。もし夜にコーヒーを飲むのが習慣でやめられない人はカフェインが入っていない
デカフェの物を飲むといいでしょう。

■カフェイン含有の飲食品
最後にカフェインが含まれている飲食品とその豆知識をお話ししていきます。

・コーヒー
コーヒーの中でもエスプレッソは濃くて苦いイメージがあるのでカフェイン量も多いと思われが
ちですが、エスプレッソは短時間で抽出するためカフェイン量が少ないコーヒーです。

・お茶
お茶には鎮静効果のテアニンが入っているのでリラックス効果があります。
しかしカフェインも含まれているものも多いので注意が必要です。

・医薬品
一部の市販の風邪薬の中にはくしゃみ、鼻水などを抑える成分が入っていますが、その成分
が眠気を起こす原因にもなっています。その眠気を軽くするためにカフェインが入っている市
販の風邪薬もあるので成分にも少し気を配っても良いかもしれません。

・その他
エナジードリンク、コーラ、紅茶など
カフェインは集中したい時や昼寝前に利用すると良いものですが、寝る前に使うと睡眠の質
が下がってしまうので上手に活用していきましょう。

睡眠健康指導士・薬剤師
松本
PAGE TOP