今回も患者さんの治療決定に我々がどのような思考プロセスで臨んでいるかについ
ての解説です。

患者さん情報:Aさん 68歳 男性
数ヶ月前から便が少し黒っぽく気になっていたが、なんとなくそのままにしていた
。最近疲れやすくふわふわするので近くのクリニックで検査してもらったところ貧血
があり、便潜血が発覚。精密検査を行ったところS状結腸がんであり、肺と肝臓に転
移があることがわかった。今回、医師から化学療法を行うことを伝えられ、いくつか
薬の組み合わせの候補があるから決めてほしいと伝えられ、治療法は
「FOLFOXIRI+Bev」になり、治療を開始していたが、今回新たに骨に転移がみつかっ
てしまった。

■ 治療のギアチェンジ
Aさんは今まで最終的な目標を完治においていました。抗がん剤治療を行い小さく
して、手術でがんを取り切ることを見据えていましたが、今回残念ながら肺と肝
臓の転移巣は小さくなったものの、新たに骨に転移が見つかりました。こういう
場合、延命治療へのギアチェンジをやむなくされる場合があります。非常に酷な
ことですが、がんの完治は諦めざるを得ない。という状況です。

■ 抗がん剤を変えるときとは?
最終的に手術をしてがんを完治させる方向性のときは、効果が認められている術
前化学療法を決まったコース行い、手術の可否を判断します。ですが、延命・症
状緩和が目的の抗がん剤のときはどうでしょうか。こういう場合、まず本人の体
調が第一です。生活に支障をきたすような副作用を起こしてまで治療の強さを維
持することはありません。Aさんの場合は治療を行っているにもかかわらず新たに
骨に転移が見つかりました。これは治療が効いていない可能性があると考え、治
療そのものの変更を検討する必要が出てきます。

■ 新しい転移…転移先に効く抗がん剤は?
よく聞かれる質問として、「元々大腸のがんだったが今回肺に転移した。肺がん
の治療はしなくてもよいのか」といった、“転移先のがんに対する治療法”について
のものがあります。これについては元々の原発部位に応じた治療法を行うことが
基本とされています。なぜなら肺にがんができていたとしてもそれは元々大腸に
いたがん細胞が血液に乗って肺に新たに住処を作ったようなもので、厳密には肺
がんではなく未だ大腸がんだからです。ただ、前述したように新たな転移は現在
の抗がん剤への治療抵抗性を意味することがあります。新たな治療法への変更が
検討されることになるかもしれません。

薬剤師
深井

この執筆者の記事一覧

様々な副作用の対処法

医療者コラム

PAGE TOP