皆さんこんにちは。前回は「救急指定病院」についてご説明いたしました。今
回も引き続き医療機関の機能と役割についてご紹介いたします。

まずは「医療法」による医療機関の区分けに関してご紹介いたします。私たち
が普段目にする医療機関は「診療所」と「病院」に大別できます。
診療所とは、ベッドの全くない無床診療所と有床診療所(ベッドが19床以下)の
ことを指します。病院とは20床以上のベッドのある医療機関全般を指します。

つまり、診療所と病院を区分けする大きな基準はベッドの数ということになります。
次はそのベッド(病床)の種類についてです。医療法の中ではベッド(病床)に
ついては下記の5種類に分けられています。

<医療法上のベッド(病床)の区分け(5種類)>

・結核病床 ・感染症病床 ・精神病床 ・療養病床 ・一般病床
さて、医療機関はベッド(病床)数とその種類により医療法上の役割が分かれ
ていますが、さらに各医療機関では診療報酬制度によって、さまざまな特徴の
ある病床を持つようになっています。これは、自分の医療機関のさまざまな設
備や人員などを考慮して、その医療機関の得意なことや各地域で医療機関に求
められていることを考え、病床数や病床の種類についてそれぞれ決めて診療に
あたっています。下記に診療報酬上のベッド(病床)の区分けについてご紹介
いたします。

<診療報酬上のベッド(病床)の区分け(15種類)>
・結核病床 ・感染症病床 ・回復期リハビリテーション病床 ・地域包括ケ
ア病床 ・療養病床 ・特殊疾患病床 ・緩和ケア病床(ホスピス) ・障害
者施設等一般病床 ・一般病床 ・精神科病床 ・精神科救急治療病床 ・精
神科救急入院料病床(スーパー救急) ・精神科療養病床 ・認知症治療病床
さらに、医療法やその他関連するさまざまな法律により、それぞれの専門分野
において中心的な役割を果たすために設置された「拠点病院」がいくつもあり
ます。これらの拠点病院は、高度で総合的な治療を担うことはもちろん、最新
治療に関わる情報収集や各医療機関に対しての情報提供、教育、研修を行うこ
とも求められています。下記に拠点病院の種類についてご紹介いたします。

<拠点病院の種類>
・がん診療連携拠点病院 ・エイズ拠点病院 ・治験拠点病院 ・肝疾患診療
連携拠点病院 ・難病医療拠点病院 ・認知症疾患医療センター ・子どもの
心の診療拠点病院 ・小児救急医療拠点病院 ・災害拠点病院 ・へき地医療
拠点病院

次回からは、「診療報酬上の病床」について1つずつご説明していきたいと思います。

社会福祉士
佐々木

この執筆者の記事一覧

がんと療養

暮らしとお金

医療者コラム

PAGE TOP