原千晶さん、古村比呂さん、向井亜紀さんといった有名人の公表で知った人も多い子宮がんという病気。子宮がんは、胎児を育てる球体部分(体部)の内側(子宮内膜)にできる「子宮体がん」と、体部の下から続く細長い部分(頸部)にできる「子宮頸がん」の2つあります。

まだまだ子宮がん検診受診率の低い日本においては、この2つのがんの違いについて知らない人もいます。今回の「乳がん・子宮がんを語る女子会」は、子宮頸がんと子宮体がんについてまとめてみました。

・子宮頸がん

膣と子宮体部をつなぐ部位で、細長い形をしている子宮頸部にできるがんが「子宮頸がん」です。子宮の入り口にできることが多いため、子宮頸がん検診で発見しやすいがんでもあります。初期は症状がないことが多く、ある程度病気が進行した段階で不正出血、おりものの異常などがみられるようになります。

・子宮体がん(子宮内膜がん)

子宮は女性が妊娠時に胎児を育てる大切な場所です。その子宮体部の内側(内膜)にできるがんが「子宮体がん」です。
初期の段階で月経以外の出血や閉経後の出血、排尿困難、おりものの異常、腰まわり(骨盤周辺)の痛みなどがみられます。一方、こうした自覚症状がない場合もあります。

子宮頸がん、子宮体がん共に、初期の自覚症状が出ない場合もあるため、女性本人が“気づかないうちに”発生し、わかった段階ではすでに進行していることもあります。子宮がんを早期発見するためには、定期的な検診を受けることが大切です。特に、子宮頸がんの場合は検診で発見しやすいため、検診はがん予防にもなります。

・子宮がん検診

わたしたち女性が受ける一般的な子宮がん検査とは、「子宮頸がん」の検査を指しています。日本では、20歳以上の女性が2年に一回受診することが推奨されています。また子宮体がん検査は、別途有料で受けることが可能です。
お勤めであれば職場で実施する検診を積極的に受けておくほか、お住まいの市区町村で実施されている検診があります。
子宮がん検診でかかる費用は、自治体では検診費用の補助があります。また子宮体がんの方もオプションで申し込むことが可能です。詳しくは自分の住む自治体のホームページで調べてみましょう。

・子宮がん検診を受けるメリットとデメリット

子宮がん検診を受けることで、定期的に自分の健康のチェックをすることはもちろん、以下のようなメリットとデメリットがあります。

【メリット】
・子宮頸がん、子宮体がんの早期発見
・子宮がん検診を受診することで、がんの発見だけではなく、他の病気を見つけるきっかけになることがある。(子宮筋腫、卵巣の異常など)

【デメリット】
・検診が100%ではなく、検診ではわからない部位もある。
・1次検査でひっかかり)2次検査までおこなった末に異常がないことがわかり、結果的には2次検査の必要がなかったということになる。

あくまでも自分のからだを守るためではありますが、検診のメリットとデメリットは時には背中合わせのような関係にもなります。
デメリットにも挙げられるように、2次検査の結果異常が見つからなかった場合、「なんだ、必要なかったのに細胞検査までして、時間もお金もかかってしまった…」と思うこともあるかもしれません。
でも、病気になってみて「あの時はこうすればよかった」「もっと調べればよかったのに、忙しかったからつい後回しにしてしまった」と思わないためにも、検診を受けない後悔よりは受けた後悔の方がよいかもしれません。

いかがでしたか?

あなたの身近なところに子宮がん検診を受けたことがないという人がいたら、「私は職場で毎年受けてるよ」「2年に一度、市民検診は行ってるわ」と教えてあげましょう。誰かの言葉がきっかけで、「自分も行ってみようかな」と気持ちが向く人がいるかもしれません。
がんを含めた病気の予防は、「病気について知ること」、そして「定期的にチェックすること(検診、セルフチェックなど)」です。

乳がん・子宮がんを語る女子会
乳がん・子宮がんを語る女子会

この執筆者の記事一覧

医療者コラム

PAGE TOP