皆さんこんにちは。前回は「養護老人ホーム」「サービス付き高齢者向け住宅
」という「自宅以外の住まいとして入居して利用するサービス」についてご説
明ました。今回は「福祉や介護の相談支援のサービス」についてご紹介したい
と思います。この相談支援サービスで主に関わる事業所としては、居宅介護支
援事業所と地域包括支援センターです。

【居宅介護支援事業所】

・要介護1以上の介護保険証を持つ人を対象に自宅で暮らしていくための介護
サービスを利用者と一緒に考えてプランニングしてくれるスタッフがいる事業
所です。

・事業所で働いている専門職は「介護支援専門員」という資格を持つ人で、別
名をケアマネージャーと言います。

・マネージャーと名前がつく通り、利用者の思いや意図をくみ取り、そのご家
族の考えや介護の負担等を把握し、その人たちがどのようにしたら暮らしやす
くなるのかコーディネートしていきます。

・ケアマネージャーは、利用者の思い通りに介護サービスの調整を行う「御用
聞き」のように聞こえるかもしれませんが、そうではありません。ケアマネー
ジャーは利用者の「自立支援」を最大限に考える専門職種です。

・介護保険サービスを中心にどのサービスをどのように組むことが、その人の
持つ生きる力を引き出し、暮らす力を引き出せるのかを考え、さまざまな介護
保険サービスの事業所と一緒に利用者とそのご家族の願いや思いをつなぐよう
に働きます。この働きを計画書の形に落とし込み、サービスを動かしていくケ
アプランを作ることも仕事の一つです。

・昨今では病院での入退院を支えるためにケアマネージャーと病院が密接に関
われるようになりました。自宅で暮らしていた生活ぶりや介護サービスの利用
状況や基本動作などの情報提供はもちろん、家族背景や経済的背景も含めて利
用者の了解を得て情報提供を行います。

・医療機関ではその情報を活用し、疾患による治療を行うだけではなく、どの
ような心身の状態になることでまた望む暮らしの形に近づけるのか総合的に支
援を考えていきます。

・また、医療と介護を結ぶキーパーソンの一人として、ケアマネージャーは存
在しています。このような支援体型は、いわば地域で暮らす一人一人の要介護
者に専属の相談員がついている事と同じだと考えられ、各地域で活躍の場を広
げています。

・これらケアマネージャーへの相談は基本的に利用者負担がありません。介護
保険制度を活用していく中で経済的負担が原因で適切な支援が受けられない人
を出さないための国の取り組みだと言えるのではないでしょうか。相談のお問
い合わせはお近くの居宅介護支援事業所に直接ご連絡ください。

【地域包括支援センター】

・要支援1から2の人を対象に、居宅介護支援事業所同様に介護の相談支援・
介護保険サービスの調整・ケアプランの作成を行います。

・地域包括支援センターで働いているスタッフは、「主任介護支援専門員」「
社会福祉士」「保健師」などで、介護保険のみならず、地域の高齢者に対して
横断的な課題を解決するための総合相談窓口です。このセンターの役割に関し
てはまた別の機会で詳しく触れたいと思います。

・この事業所は、居宅介護支援事業所のように利用者が希望する事業所に相談

出来る訳では無く、対象者は地域包括支援センターが管轄する住所で割り振り
されています。要支援1から2の人で介護保険サービスを利用したいと考えた場
合は、利用者の住む地域を担当している地域包括支援センターに相談するよう
になります。

・支援の在り方や対応、費用に関しては、前述した居宅介護支援事業所と同じ
です。

福祉や介護の相談支援のサービスに関しては以上になります。福祉や介護の分
野は医療の分野と密接に関わって行きます。病気による慢性的な疾患を抱えて
地域で長く暮らす人も、急性期の治療が終了して自宅療養している人も、医療
と福祉をつなぐケアマネージャーを活用して、暮らしやすい生活を手に入れて
もらいたいと思います。

介護保険分野について説明しましたが、ここでいったん終了したいと思います。

次回からは、がん治療をはじめ、私たちが日常的に利用する「医療機関」に
スポットを当てて、その役割や機能をご説明していきたいと思います。

社会福祉士
佐々木

この執筆者の記事一覧

がんと療養

暮らしとお金

医療者コラム

PAGE TOP