皆さんこんにちは。前回は「在宅型有料老人ホーム」「軽費老人ホーム(ケアハウス)」という「
自宅以外の住まいとして入居して利用するサービス」についてご説明しました。今回もこのサ
ービスのなかから「養護老人ホーム」「サービス付き高齢者向け住宅」についてご紹介いたします。

【養護老人ホーム】

・在宅で生活をしていく事が、生活環境的・経済的・家族背景的に困難であると行政判断があ
った場合、老人福祉法の規定における市町村判断で措置入所を行う施設です。

・例えば、生活保護制度を受けているなど経済的に生活が困難な状況にある身体上・精神上
の障害があり、自宅生活の環境が適していない場合や住むところが無い、または住む所があ
っても極めて環境が悪く生活が困難な場合、虐待などがあり要保護者である場合などです。

・主に65歳以上の人を対象にしていますが、状況により60歳からでも利用は可能です。

・施設内で介護保険制度の利用も可能です。

・入居費用は本人の収入に応じてそれぞれの負担額が決まっていきます。

・医療機関との関わりとしては、協力医療機関が施設への往診を行う場合と入居者自身が医
療機関に受診する場合の両方があります。

【サービス付き高齢者向け住宅】

・バリアフリーな構造と設備を充実させて、食事提供や安否確認、生活相談サービスを兼ね
備えた高齢者向けの賃貸住宅です。

・夫婦部屋を用意している場所も増えてきました。

・要介護状態となった場合でも介護保険サービスを利用しながら暮らすことができます。

・費用に関しては家賃、共益費、食費に加え、その住宅独自の自費サービスを提供している
所も増えてきました。利用を検討される場合、問い合わせしてみてください。

・医療機関との関わりとしては、協力医療機関が施設への往診を行う場合と入居者自身が医
療機関に受診する場合の両方があります。

長期に渡り「自宅以外の住まいとして入居して利用するサービス」をご紹介してきましが、
この他にも数多くの暮らしの場があります。本来は今まで暮らしていた「家」で過ごしたいと
思うのが自然だと思います。しかし、持病による慢性的な心身の不調や年齢を重ねることで
現れる心身の不調による不安を自分の努力だけでは解決しにくいものも多くあります。

今回ご提示した暮らす場所は、お一人一人が抱える疾病やからだの状態や、社会背景を含めて
考える「これからの暮らし方」につながるものだと考えています。ぜひ自分自身の暮らし方に
あわせた「住み替え」を行う必要がある場合には、参考にしていただきたいと思います。次回
からは「福祉や介護の相談支援のサービス」についてご紹介いたします。

社会福祉士
佐々木

この執筆者の記事一覧

PAGE TOP