医療者と接するとき、どのように接していますか?患者さんからは、医療者の動きがよく見え
ますよね。それゆえに「忙しそうだから迷惑をかけられない」と、体調に関することなどの必要
最低限の会話をし、痛みなどの身体的症状、精神的苦痛を可能な限り我慢している人もいる
のではないでしょうか。もしくは、専門用語ばかりで、医療者とのコミュニケーションが取りづら
く、会話が難しいと感じている人もいるかもしれません。ですが、思っていることは、担当看護
師や、患者さん自身が信頼している看護師やほか医療者に話してみてください。ささいなこと
でもいいのです。不明な点や疑問点があれば、気軽に声をかけてみましょう。それが、医療者
とのコミュニケーションをとる1歩となります。

◼︎メモや録音を活用し、質問する
医療従事者は、患者さんにも意味が伝わりやすいよう、医療用語を噛み砕いて伝えるように
意識して話しています。ですが、日常的に医療用語が飛び交う環境であるため、患者さんが
わからない医療用語がわからず、無意識のうちに患者さんにも使用していることもあります。
とくに、医師は、自分のペースで淡々と話を進めていく人が多いです。聞かれなければ答えな
い医師もいます。分からない言葉があったらメモをするか、可能であれば録音機器を使用す
るのもよいでしょう。そして、あとから、質問してみてください。看護師側もその意図に気づき、
再度説明の機会を作るなどの対応をしてもらえると思います。質問することは、まったく恥ず
かしいことではありません。ですが、聞くのがどうしても難しければ、医療用語用の辞書を活
用するのもよいですね。それを見た医療者との会話のきっかけにつながることもあるでしょう。

◼︎リエゾン看護師へ相談
病院には、リエゾン看護師(リエゾンナース)という精神的な看護を専門とする看護師が配置さ
れていることがあります。リエゾンとは、連携や橋渡しという意味で、精神看護専門の看護師
が患者さんの気持ちに寄り添いながら、他の職種への橋渡しをしてくれたり、連携したチーム
医療で患者さんをサポートしてくれます。もちろん、悩みごとや相談内容をほかの人に聞かれ
たくないという場合でも、その旨を伝えて相談することも可能です。看護師としての知識もある
ので、治療や専門用語でわからないことも質問してみるのもよいですね。

◼︎医療ソーシャルワーカーへ相談
病院に配置されていることが多い職種です。医療ソーシャルワーカーは、看護師や医師とは
違う社会福祉の立場から、患者さん、または家族をサポートし、身体的・心理的・社会的問題
や不安への解決やその手助けを行います。今後の生活への不安やわからないことが多すぎ
て何をすればいいのかわからないというときには、相談してみましょう。医療よりも社会福祉
の面に強いので、病状説明などに関する解説などを求めるのは難しいですが、そのかわり、
医者看護師にはない病院外での広いつながりがあります。患者さんの今後の生活に寄り添
いながらのサポート体制が充実しているので、とても心強い存在です。

忙しそうだから、と遠慮する必要はありません。患者さんの意思や考えを伝えてもらうことで、
医療者が提供できるケアも増えていきます。患者さんやご家族をチーム医療でしっかりとサポ
ートしているので、ひとりで悩まずに、勇気をもって話しかけてみてくださいね。

看護師
竹田
PAGE TOP