皆さんこんにちは。前回は「社会保険」という私たちの暮らしを守り支える制度によっ
て、さまざまなお金が関わる給付を身近に受けられることを大まかにご説明させてい
ただきました。今回からは、社会保険の中身について掘り下げていきたいと思います。

社会保険制度は全部でこの5種類になります。

【医療保険制度】【年金保険制度】【雇用保険制度】【労災保険制度】【介護保険制度】
早速1つずつご紹介いたします。

【医療保険制度】
・私たちの暮らしにとって一番身近な保険制度です。日本では日本に住む全ての人が
、何らかの公的な医療保険制度に加入しなければいけません。これは「国民皆保険
制度」と言われています。この制度は日本が世界に誇る長寿大国である根幹だと言
えます。
・医療保険制度は大きく分けると「国民健康保険」「被用者保険」「後期高齢者医療保
険」に区別されます。

《国民健康保険》
・農業従事者や自営業者や会社を退職した人が利用する医療保険です。年齢として
は75歳未満の人が対象になります。保険者は住所地の市区町村です。医療機関に
受診する場合の窓口で支払う自己負担割合は、0歳から義務教育就学前の人は2割
負担、義務教育就学後から70歳未満の人は3割負担、70歳から74歳までの人は1割
から3割負担の人がいます。

《被用者保険》
・この保険はいくつかの種類に分かれます。主に大企業の会社員などが加入する「組
合管掌健康保険」、主に中小企業の会社員などが加入する「全国健康保険協会管掌
健康保険(協会けんぽ)」、国家公務員・地方公務員・私立学校教職員が加入する各
種の「共済組合」、船員が加入数する「船員保険」に分かれています。
・保険者は健康保険組合や全国健康保険協会や共済組合です。医療機関に受診す
る場合の窓口で支払う自己負担割合は、0歳から義務教育就学前の人は2割負担、
義務教育就学後から70歳未満の人は3割負担、70歳から74歳までの人は1割から3割
負担の人がいます。

《後期高齢者医療保険》
・75歳以上の人と、65歳以上で本人の申請に基づき一定の障害を持つ人が加入する
保険制度です。保険者は後期高齢者広域連合です。医療機関に受診する場合の窓
口で支払う自己負担割合は、原則的に1割負担ですが、現役世代並みの所得者は3
割負担になっています。

・現在では後期高齢者医療保険の負担割合について引き上げる動きも出てきている
ようです。長寿大国であるがゆえに国民が年齢を重ねるほどに医療機関を受診する
頻度も増加していくのは明らかであるため、持続可能な制度運営をしていくための方
法なのかもしれません。

次回も引き続き社会保険制度についてご紹介をしていきます。

社会福祉士
佐々木

この執筆者の記事一覧

がんと療養

がんと付き合いながら働くこと

暮らしとお金

医療者コラム

PAGE TOP