医療過誤事件が起こったとき、患者側が裁判を起こすためには「証拠」が必要です。ただ、医
療過誤事件の証拠は病院側に偏在しているので、患者が入手するためには工夫が必要です。
そのとき有効な手段が「証拠保全」です。

今回は、医療過誤事件で重要なポイントとなる「証拠保全」をご説明します。がんの医療行為
を受けるときにも医療過誤が起こる可能性があるので、参考にしてみてください。

1.証拠保全とは

証拠保全とは、裁判所によって「証拠」を入手する方法です。法律トラブルが起こったとき、自
分に不利な証拠を持っている当事者は証拠を破棄・改ざんする可能性があり、その危険性は
、時間が経つにつれてどんどん高まります。特に裁判が始まると、不利な判決を恐れて証拠
隠滅しようとする当事者が多いです。
そのようなことを防止する手続きが「証拠保全」です。証拠保全すると、裁判所が「現在の証
拠の状態」を記録するので、その後の改ざんや破棄ができなくなります。
また、証拠保全は相手(医療過誤の場合には病院側)に通知せずに突然実施するので、病
院が証拠保全に備えてカルテ等を改ざん・隠滅することは難しくなります。

2.証拠保全の対象

医療過誤事件で証拠保全の対象となる資料は、以下のようなものです。

・診療録(カルテ)
・処置録
・手術の記録
・医師による指示簿
・麻酔の記録
・看護記録
・温度板
・助産録や分娩の記録
・諸検査の写真、検査結果報告書
・組織標本
・紹介状、診療情報提供書
・診療報酬明細書
・事故の報告書
・事故調査委員会の議事録
・事故調査委員会による報告書

一般に、医療過誤の証拠というとカルテを思い浮かべるかも知れませんが、実際には上記の
ような多種の資料が関連します。証拠保全を申し立てるときには、対象資料を特定しなけれ
ばならないので、自分のケースで何が問題になりそうか考えておく必要があります。ただ「そ
の他の診療に関し、作成された一切の文書および物」という包括的な文言を入れておくと、完
全に特定できていなくても保全の対象にできます。

3.カルテ開示との違い

患者がカルテ等の資料を入手する方法には、患者が病院に対して任意で資料開示を求める
方法もあります。ただ、この方法では病院が正直にすべての資料を開示するとは限らず、改
ざんや隠滅のおそれがあるので、基本的には証拠保全の方が有効です。

医療ジャーナリスト(法律家)
福谷 陽子
PAGE TOP