こんにちは。今回のコラムでは、高額療養費制度についてお話していきたいと思います。
高額療養費制度は公的医療保険の給付の一つです。つまり、健康保険の制度になりますの
で、健康保険に加入している人なら、この制度を利用することができます。

この制度は医療機関や薬局で支払った額がひと月(月の初めから終わりまで)で上限額を超
えた場合、その超えた金額を支給する制度です。毎月の上限額は、加入者が70歳以上かど
うかや加入者の所得水準によって分けられます。所得水準が高い人ほど、上限額が高くなり
ます。

例えば、69歳以下の人で、年収約370万円から770万円だった場合には、
  80,100円+(医療費-267,000円)×1%
になります。

上記の例で、例えばひと月の医療費が100万円だった場合は、
窓口での負担は3割になりますので、30万円が医療費となり、上記の式に当てはめると、
  80,100円+(300,000-267,000円)×1%=87,430円
となり、212,570円が高額療養費として支給され、87,430円が実際の自己負担額となります。

さらに、過去12カ月以内に3回以上、上限額に達した場合には、4回目からは、さらに上限額
が下がる「多数回該当」という制度もあります。この多数回該当の場合も、所得区分ごとに上
限が設定されており、所得が高い人ほど上限額も高くなっております。年収約370万から約
770万円で、多数回該当になった場合の上限は、44,400円になります。

他にも、世帯合算の制度があります。この制度は、ひとり1回分の窓口負担では上限を超え
ない場合でも、複数の受診や同じ世帯にいる他の人の受診について、窓口でそれぞれ支払
った自己負担額を1カ月単位で合算する事ができる制度です。それぞれの窓口負担を合算し
、上限額を超えた場合には、高額療養費制度を使うことができます。

(参考:厚生労働省 高額療養費制度を利用される皆様へ(平成30年8月診療分から)
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou- 12400000-Hokenkyoku/0000161153.pdf

以上が、高額療養費制度の概要です。

簡単に言うと、
「医療費があまりたくさんになると大変だから、多くなり過ぎた部分は、国で補助しましょう。で
も、所得が多い家庭はちょっと補助、所得が少ない家庭は多めに補助しましょう」
ということです。

次回のコラムでは、高額療養費制度の申請の仕方や申請する際の注意点をお話したいと思
います。

FP(ファイナンシャル・プランナー)
田中政輝
PAGE TOP