医療過誤事件が起こったら、病院や医師に対して責任追及しようとするケースがあります。た
だ、そのときには「医療過誤の証拠」が必要です。証拠がないのに損害賠償請求をしても病
院側から責任を否定されて賠償金を支払ってもらうことはできません。

今回は、どのようなものが医療過誤事件の証拠となるのかご説明します。がんの先端医療を
受けるケースでも、医療過誤事件は他人事ではないので、ぜひ参考にしてください。

1.医療過誤事件の証拠は、病院側が握っている

医療過誤事件が起こったとき、病院側が責任を否定するならば患者側が病院側に対し訴えを
起こさねばなりません。このとき、医療過誤の「証拠」がないと病院は責任を認めず損害賠償
金の支払いに応じないものです。裁判においても「証拠のある事実」しか認められないので、
証拠がなければ立証不足で敗訴してしまいます。

しかし、医療過誤事件の証拠は、基本的にすべて病院側が握っているものです。たとえば、
診療録やレントゲン、MRIなどの画像データ、各種の検査結果のデータ、看護記録などは、す
べて病院側が把握しており、患者側が持っているものではありません。このように、証拠が偏
在していることは、患者側にとっての医療過誤訴訟を難しくしている要因の1つと言えます。

2.医療過誤事件の証拠の例

医療過誤事件の証拠として、具体的にどのような物が必要なのでしょうか。

以下で、代表的なものを挙げます。

 診療録(カルテ)
 手術録、処置録
 看護記録
 問診票
 紹介状
 看護記録
 医師による指示票、指示簿
 診断書の控え
 処方箋
 医師の引継書
 病院の日誌、病棟日誌
 検査記録
 レントゲン写真、CT、MRI画像、エコー写真
 手術記録
 手術看護記録
 投薬記録
 麻酔記録
 手術に対する承諾書
 集中治療の記録
 診療報酬請求明細書(レセプト)

上記の証拠類は電子化されているケースもあります。また、これらは代表例であり、病院や事
件の内容によって別の証拠が存在する可能性もあります。個別のケースでどのような証拠を
集めるべきかについては、医療過誤に精通した弁護士や医師のアドバイスを求めるべきです。

医療過誤事件の証拠は、他の事件と共通するものが少なく特殊ですし、病院側から開示を受
けないと入手できない難しさもあります。次回は、医療過誤事件の証拠の集め方について、
ご説明します。

医療ジャーナリスト(法律家)
福谷 陽子
PAGE TOP