こんにちは。
ファイナンシャル・プランナーの田中と申します。

ファイナンシャル・プランナーは、あまり知られていない職種なので、どんな事をしているのだ
ろうと思われる人もいらっしゃると思います。

ファイナンシャル・プランナーは、お金の専門家として教育費や老後の資金など将来の資金
計画を立て、貯蓄や資産運用、保険のご相談などを受ける仕事です。

そういったご相談を日々いただく中で、がんに関わるお金のご相談をいただく事も多くあります。
今回はがんに関わるコラムということで、がんに関わるお金のお話をしていきたいと思います。

最近、私がご相談を受ける中で、
「がんになったら、いくら必要?」
「がん保険って加入した方が良いの?」
「がん治療後の資金計画は、どうしたら良いの?」
という質問などがあります。

このようながんに関わるお金の心配をお持ちの人は、他にもたくさんいらっしゃると思います。
がんの治療費はどのくらいかかるのか?
治療費をどこから賄うのか? 貯金から?それとも保険給付金?
がんにり患したら、今と同じ仕事ができるだろうか?
収入が減ってしまうのではないだろうか?その補填(ほてん)はどうするのか?
退院した後の通院治療はどのくらいかかるのか?
通院の費用をどこから賄うのか?
寛解(かんかい)後の生活、資金計画をどう立て直したら良いのか?
など、がんに関わるお金の心配は多岐にわたるのではないかと思います。
また、こういったご心配事は、なかなか周りの人にご相談しづらいことも多いのではないかと
思いますし、ご自身で調べるのも大変なのではないでしょうか?

このコラムでは、こういった心配事に関する情報提供をしていきたいと思います。

まず最初にがんの治療費はいくらかかるのかということですが、
厚生労働省のデータによると入院の費用が、
胃の悪性新生物で、平均613,640円
乳房の悪性新生物で、平均551,840円
白血病で、平均1,473,680円
(参考:厚生労働省 医療給付実態調査 平成27年度 統計表 第3表より)
などとなっております。

これは医療費全部の金額ですので、当然ここから3割負担になりますし、高額療養費制度の
適用を受ければ、もっと負担は少なくて済みます。

高額療養費制度に関しましては、聞いたことのある人は多いのではないかと思います。

ですが、詳細についてはあまりご存じで無い人が多いのではないでしょうか?

次回のコラムでは、高額療養費について、その内容や意外と知らないポイントなどをお話した
いと思います。

FP(ファイナンシャル・プランナー)
田中政輝
PAGE TOP