抗がん剤の治療の副作用で脱毛がみられる人のなかには、毎日のヘアケアの方法について
気になっている人もいるのではないでしょうか。特に、脱毛があるときは、髪や頭皮に優しい
ケア方法にしたいですよね。そこで今回は、抗がん剤治療中のヘアケアについて紹介します。

■シャンプーで髪を清潔に
健康な人でも毎日50~100本程度の抜け毛がみられますが、特に抜け毛に気がつきやすい
のがシャンプーをしているときです。抗がん剤治療中は、シャンプーのときに脱毛に気づく人
も多く、髪を洗うのが億劫になってしまう人もいるかもしれません。
しかし、髪を洗わずに不潔のままにしておくと、頭皮に炎症を起こしたり、毛穴が詰まったりす
るなど、脱毛の症状を悪化させる原因になることがあります、抗がん剤治療の副作用で脱毛
がみられるときもシャンプーで頭皮や髪の清潔を保つことは大切であることを覚えておきましょう。

■抗がん剤治療中のシャンプーの選び方は?
抗がん剤で脱毛がみられるときは、弱酸性やアミノ酸系など肌への刺激が少ないシャンプー
を選ぶことがポイントです。最近、人気のあるオーガニック系のシャンプーは、アレルギーを起
こすリスクもあるので、人によっては注意が必要になります。

≪抗がん剤治療中のシャンプーのやり方≫
抗がん剤で脱毛がみられているときは、優しく洗いつつ、汚れをきちんと落とすようにしましょ
う。抗がん剤治療中のシャンプーのやり方のコツは次のようになります。

1. まずはぬるま湯ですすぎ、汚れの大半を落としていきます。
2. シャンプーを手に取り、指のはらで頭皮をマッサージします。
3. シャンプーの泡で髪の毛を洗ったら、お湯で十分すすぎましょう。
4. リンスやコンディショナーは、残っている毛が少ない場合は、省いても問題ありません。
  リンスやコンディショナーを使用する場合は、毛先を中心になじませてからすすいでください。
5. タオルドライのあとにドライヤーを使用する場合は、低音・弱風に設定して髪を乾かします。

■育毛剤は使用しても大丈夫?
抗がん剤治療中に脱毛で悩んでいる人のなかには、育毛剤を使用したいと考えている人もい
るかもしれません。抗がん剤治療中の育毛剤の効果については、はっきりと分かっていませ
ん。一方で、育毛剤のなかには、頭皮の血行をよくする成分を含んだものがあり、脱毛の症
状を悪化させてしまう可能性もあるので、控えたほうがよいでしょう。

看護師・保健師
江波明子
PAGE TOP