がん診療において診断や治療法について、今かかっている病院以外の意見を聴きた
い場合、自費になりますが、セカンドオピニオンという方法があります。

セカンドオピニオンを受ける前に大事なのは、今かかっている病院に、そういう気
持ちを抱いていることを伝えることです。医師に直接言うのが難しければ、看護師
や病院の相談員などでもいいので、不安や不信感を持ったということを冷静に正直
に伝えるべきです。患者さんと医療機関の間での情報の行き違いなどがあることが
わかれば、セカンドオピニオンを受ける前に自分が抱えた問題や不安を解決できる
可能性がありるからです。

基本的には今の時代、病院が患者さんに隠し事をすることはありません。見落とし
があったのではと勘繰らざるを得ない状況の場合もあると思いますが、がんの診断
は難しくどんなに慎重に行っても今の技術的に100%とは行きません。本当に急速に
がんが発生した可能性もあります。

仮に病院に責任があるとわかった場合は、きちんと謝罪を受けたあとで、感情的に
ならず建設的に次善の策を考えていく方がお互いのためになると感じます。
セカンドオピニオンは診察・検査はなく、意見を聞くだけの場となっています。そ
のため、セカンドオピニオンには診療情報が欠かせません。検査結果や経過につい
ての情報がないと、意見の仕様がないのです。そのため今かかっている病院には、
必ずセカンドオピニオンを受けるという希望を伝え診療情報を作成する必要があり
ます。

セカンドオピニオンを受ける病院について、大学病院やハイボリュームセンターで
あればあとは立地や自分で調べて良いと思った病院であれば問題ないと思われます
。自分で行きたい病院を提案するか、自分で見つけられない場合は、今の病院に相
談することも手です。

今の病院と違う意見を期待していったとしても、全国で標準治療が行われているた
め、大筋では意見が一致することがあります。同意を得て安心するというのであれ
ば、それでもセカンドオピニオンの意味はあると思います。

自分が欲しい意見が貰えなかったからという理由でセカンドオピニオンをいろんな
病院で繰り返すというのは賢明ではありません。

白血病の中で珍しいタイプなど症例数が少ない疾患の場合も経験症例数が多い病院
へのセカンドオピニオンが有用ですが、本当に前例がない場合もあり、正解がわか
るというよりは、経験的に最善の方法をともに考えるというイメージでしょう。

内科医
村本

この執筆者の記事一覧

PAGE TOP