がんの治療に抗がん剤の使用を予定されている人のなかには、どのくらいの期間に脱毛が
みられるのか気になっている人もいるでしょう。この記事では、抗がん剤治療による脱毛期間
や生え変わりの時期、抗がん剤治療時の髪型について解説します。

■治療を始めてからいつ脱毛が起こる?
抗がん剤治療がスタートしてから、脱毛が起こるのはおよそ2~3週間後になります。抗がん
剤による脱毛で気になるのが量ですが、少しずつ抜ける人もいたり、髪をとかしたときにゴッ
ソリ抜ける人もいるなど、個人差がみられます。抗がん剤治療によって髪が抜け始める時期
は、頭皮にピリピリとした刺激を感じることもありますが、一時的なものです。

なお、抗がん剤によって、眉毛や鼻毛なども抜けることがあるので、目にゴミが入りやすくなっ
たり、においに対する感覚に変化がみられたりすることがあります。

■抗がん剤の脱毛はいつまで続く?
抗がん剤による脱毛の副作用は、治療が終わればおさまっていきます。一般的に、抗がん剤
治療が終えれば、3~6カ月後には再び髪が生えてくるようになります。このとき、抗がん剤に
よって頭皮がダメージを受けているため、くせ毛や白髪など以前とは違う髪が生えてくることも
。頭部全体の髪の毛が生えそろうためには、髪の生え変わりにはサイクルがあるので、半年
から1年はかかるでしょう。

また、抗がん剤の治療をクールに分けて複数回行うこともあります。抗がん剤の治療によって
は、1回目のクールでは、入院して治療を行って、2回目以降は外来で治療を行うこともありま
す。抗がん剤の治療による脱毛が気になる場合は、治療が始まったときから、帽子やウィッグ
など自分に合ったものを選んでおくのもおすすめです。

■抗がん剤前は髪を切った方がいい?
これから抗がん剤治療を始める人のなかには、髪を切ろうか迷っている人もいるでしょう。
「副作用で髪が抜けるのなら、切ってしまおう」と抗がん剤による脱毛対策のひとつとして、ヘ
アカットを行う人もいます。

女性の場合、ロングヘアであれば、髪が抜けたときのショックが大きくなってしまうかもしれま
せん。その一方で、脱毛時に帽子などかぶるときに、より自然な印象にすることができます。
ショートヘアであれば、髪の抜ける量が少なく感じるので、脱毛時のショックを和らげることが
できるというメリットがあります。また、脱毛した髪の掃除も楽になります。

看護師・保健師
江波 明子
PAGE TOP