一昔前までは、がんであることを患者本人に告知することへの賛否がありましたが、現在は、
がんは不死の病ではないため、がんを患者本人に告知し、がんと共に生きる、そんな時代に
突入しました。がんと共に家族と生きる、そう言い換えてもいいと思います。外来で抗がん剤
治療をしながら生活している患者さんも多くいますし、そのような時には特に家族の支えがあ
るからこそ治療もすすむのでしょう。

家族の支えといいましたが、その在り方は十人十色です。どのような形でも家族がいてお互
いに心配したり悲しんだり、喜んだりする存在であることには変わりなく、家族がいてそして人
生があるのです。そのようなさまざまな家族の在り方を理解し、患者や家族をサポートするが
看護師の仕事の一部でもあります。

がんではなくても普段から家族とよくコミュニケーションをとり、生きることやあるいは死ぬこと
について話し合っておく必要がありますが、このようなチャンスはそうそう巡ってくることではあ
りません。しかし、この時、がんという病を通して、当たり前の存在であった家族について気づ
くことが多くあるのではないでしょうか。

私たちの命には限りがあることを知っているようでこの部分にはふたをしたい部分ですし、そ
の上でがんの告知をされて揺れる気持ちを正直に言葉にできる人は数少ないと思います。ま
た、家族といえどもお互いにこの部分に切り込んでいくことは相当勇気のいることです。
しかし私自身の体験からすると、患者さんは「自分の内面を話したがっている」と思います。う
まく言えませんが、私には「目がそう言っている」ように感じるのです。時に患者さんは医療者
に心情を吐露することがありますが、本当に受け止めてほしいのは人生をともに過ごした家
族であるはずです。

自分のなかでもまだ整理しきれない気持ち、「なぜ自分ががんにかかったのだろう」「これから
どのように生活していけばよいのだろう」そして「あとどのくらい生きるのだろう」さまざまな葛
藤があるなか、人に気持ちを伝えるとはなかなかできるものではありません。家族に自分の
内面を話したり、愛情を表現したりすることって照れくさいですよね。でも「愛とは行為」である
ため、ぜひ伝えてほしいのです。そこは家族ですから受け止めようと頑張ってくれる存在であ
ると信じてください。それこそが後悔しない家族との付き合い方だと思います。

全く後悔がない人生を送る人は数少ないとは思いますが、少しでも「これで良かったんだ」と
思えるような選択ができるとよいでしょう。

看護師・保健師
舘野

この執筆者の記事一覧

子どもへの伝え方

家族との接し方

医療者との接し方

がんと付き合いながら働くこと

がんと暮らし

リフレッシュ方法

体調を整える食事テクニック

PAGE TOP