私は内科医師であるとともに臨床心理士(心の専門家)でもあります。こうした私の立場からあなたが、がんと診断されたその瞬間から直面しているであろう、さまざまな身体的、心理的、社会的変化に適応していくための手がかりを少しでも提供できないだろうかと筆を執っています。

私は、まだがんとの闘病経験はありません。ですから、「自分自身の体験」としてがんを感じたことはなく、本当の意味でがんと闘病するあなたの気持ちを理解できているとは思いません。ですので、ある意味で人生の先輩にものを申すようなことかもしれません。しかし私は、実際にがんと闘病しているあなたの気持ちを本当には理解できていないのだと知った上で、自分に何ができるのかを真剣に考えようと思うのです。
私はがんという病気は、一言でいうならば、「揺さぶられる」病気ではないかと想像しています。がんの診断を告げられた瞬間から、心が大きく揺さぶられ、家族や社会におけるあなたの立場も揺さぶられます。

そして、

治癒を期待してよいのか、期待すべきではないのか。
提案された治療法でよいのか、もっと自分に適した治療法を探すべきなのか。
じっくりと考えるべきなのか、早く決断すべきなのか。
仕事を続けられるのか、続けられないのか。
突然課せられた試練を悲しんでよいのか、達観すべきなのか。
家族にうろたえた姿をみせてよいものか、みせないほうがよいのか。
友人に打ち明けてしまうのか、まだ隠しておくほうが良いのか。
がんと対立して闘うべきなのか、自分の一部として感じていくべきなのか。
家族や社会にどういう支援を頼むのか、または頼まないのか。
…など

あなたの有無を言わせず、こうしたさまざまな選択や答えをせまる事情が一気に押し寄せてきます。ひとつひとつの葛藤に何とか「今のあなた」なりの答えを出していかねばなりません。こうした、がんにより一気に直面させられる多くの葛藤を私は、がんがあなたの人生に起こす「揺さぶり」と呼んでいます。

早期がんに対する根治的治療を受ける場合でさえ、この揺さぶりをなんとか切り抜け、「治療を受ける」という積極的な選択をする必要があります。そうした意味でがんのもたらす揺さぶりを無視することはできません。

つづく

総合内科専門医/臨床心理士
飯島 慶郎

この執筆者の記事一覧

がんと診断されたあなたへ

相談する

コメントを残す

PAGE TOP