皆さん、こんにちは。日中美容研究家の濱田文恵です。
さて、今回は、「顔のむくみ」について!

朝起きたときに、顔がパンパンだとメイクすらする気がおきないですよね。そこで、今日は顔のむくみを助長してしまう原因と「今すぐ、むくみをどうにかしたい!!」という人のために、自宅でできるセルフフェイシャルマッサージをご紹介したいと思います。

■そもそもむくみの原因って?

むくみとは、からだの中の水分量が増えたり、血行が悪くなったりすることで、体内に不要な水分が溜まってしまい、結果的に顔が膨らんで見えている状態です。顔のむくみを助長しないために、主に以下の二つの原因には気をつけましょう。

■アルコール・塩分の摂りすぎ
おいしい食事・アルコールとともに過ごした楽しいひと時の代償は、翌朝の顔のむくみです。まず、塩分を摂りすぎると、からだが塩分濃度を下げるために血液を薄めようと水分をため込んでしまいます。それはアルコールでも同じこと。血液中のアルコール濃度を下げるために水分をため込んでしまうため、むくみにつながってしまうのです。

■血行不良もむくみの原因
血液の流れは、細胞の隅々に栄養や酸素を供給し、不要な水分や老廃物を回収する役割を担っています。そのため、血行不良になってしまうと、からだの中の不要な老廃物や水分が溜まってしまい、むくみにつながってしまうのです。

さて、顔のむくみを防ぐためには、アルコールの摂取や塩分の高い食事を避けることはもちろん、お風呂に入って血行促進することが大切です。しかし、どんなにがんばっていてもからだは繊細なものなので、顔がむくんでしまうことがあります。そんな時のために「自宅でできる顔のむくみ対策!セルフフェイシャルマッサージ」をご紹介しますね。

自宅でできる顔のむくみ対策!セルフフェイシャルマッサージ

■お手軽ホッカイロで血行促進
フェイシャルマッサージといえば、ホットタオルが定番なのですが正直、電子レンジで温めたりお湯につけたりと意外と大変。そんな時におすすめなのがホッカイロです。

やけど防止にお手持ちのハンカチに包んで顔全体にあてるようにして血行促進しましょう。

もし余裕があったら、首・デコルテも温めるとより血色がよくなります。

■むくみ解消フェイシャルマッサージ
それではフェイシャルマッサージのやり方です。
首を前後左右にストレッチします。
顔全体にクリームを塗って、顎裏から耳下までフェイスラインを持ち上げるようにしてリンパを流します。

耳の下から鎖骨まで、上から下に向かって流します
最後に鎖骨をほぐして、もう一度ホッカイロで温めるとバッチリですよ。

長い時間やる必要はありません。毎日のスキンケアに合わせて3分程度やるだけでも、継続することでかなり翌日の顔のむくみには差がでてきますよ。

今回は、「自宅でできる顔のむくみ対策!セルフフェイシャルマッサージ」をご紹介しました。「時間がないけど、むくみを解消したい!」というときは、ホットタオルで血行促進と鎖骨ほぐしだけでもやってみてくださいね。

それでは、次回またお会いしましょう!

一般社団法人日本セルフ美容協会 代表理事
美容家 濱田文恵

コメント

コメントを残す

PAGE TOP