患者の気持ちを全て理解するのはむずかしい

ツイート

これは「がん」だと分かった後に限らず、どんなに長年連れ添っていても相手のことを理解しているようですべて理解ができるわけではなく、お互いに気持ちに折り合いをつけて暮らしているのではないでしょうか?

がんについて、いくら時間をかけて説明してもパートナーや家族の理解を得られないこともあります。

治療中は副作用や通院の疲れなどでつい八つ当たりしてしまったりネガティブ思考になってしまったり、双方ついつい言い過ぎてしまうこともあります。

患者さん、家族それぞれ気持ちを全て理解するのは難しいのであれば、第三者であるがん経験者に相談するのも一つの方法です。

また、お互いにゆっくりと時間をかけて話し合い、どんなことを不安に思っているのか、どうしてほしいのかを話し合って1つずつ問題を解決していきましょう。

がんを受け入れるにはお互い時間が必要

ツイート

がんの告知を受けたとき、多くの人が「なぜ私が…」などと大きなショック、不安、混乱に襲われます。

落ち込みがひどい場合はうつ状態になってしまって治療に対して前向きになることができず、治療開始までに時間がかかってしまうこともあります。

そんなときにパートナーや家族がいることで心強さを感じますが、家族も患者さんと同じように悩んだり落ち込んだりしてしまうのです。

がんであることを受け入れるにはお互いに時間がかかってしまいますし、家族が患者さんの全ての気持ちを理解し解決することは難しいと言えます。

がんだと告知されたときは、患者さん自身だけでなく、家族もまた同じように戸惑っていることを心にとどめておきましょう。

弱音を吐いてオッケー

ツイート

がんの告知を受けると、患者さんだけでなく家族も生活環境や心などさまざまな変化が生まれます。「がん患者の家族は患者と同程度か、それ以上の精神的負担を抱えている」という研究結果も報告されています。

がんの治療は長期戦ですので、休息を取りながらストレスを溜め込まないことが大切です。治療中は家族が一番の理解者でありたいと思いますがお互いに気丈に振る舞わなければいけないと感じると余裕がなくなってしまいくじけてしまいそうになることもあります。

そんなときはお互いに弱音を吐いてもいいのです。つらいときには弱音を吐いたり気持ちを共有したり、気分転換をしてリフレッシュすることで長い治療を乗り切ることができます。

お互い普段通り過ごすことが大切

ツイート

がんだと分かっても必要以上に外出を控えることや自宅でじっとしているのではなく、これまでと変わらず普段通り過ごすことが大切です。

当然、体調が優れない日は普段通りに過ごすのが難しいこともありますが、心配な気持ちから必要以上に行動を制限してしまうとかえってストレスになってしまいます。患者さんと話すときも同様に、必要以上に気を使うこともストレスに感じてしまいます。

自分の考えを無理に押しつけて患者さんの考えを否定せずに、そっと見守ることも大切です。家族だからこそ、時には甘えたりぶつかったり気持ちを共有することはとても大切です。

普段通り過ごして家族と一緒に1つずつ壁を乗り越えていきましょう。