運動不足を解消して生活にメリハリをつける

ツイート

がん治療を行う患者さんの多くは、疲労や倦怠感、体力の低下で悩んでいる人が多いといわれています。これらの症状はがんの治療が終わった後も続き、数年たっても改善しない場合があります。

このように長期的に発生する疲労を「がん関連疲労」と呼び、近年注目されています。治療中は副作用や精神的なストレスから外出する機会が減り運動不足になる傾向にあります。

運動習慣を解消することは生活にメリハリをつけ、がん治療を前向きな気持ちで臨むことができます。がん治療後に安静な状態が続くと、筋力は低下してしまい、高齢者では、2週間の床上安静で下肢の筋肉が2割ほど萎縮するともいわれています。

動かないと筋力が低下するだけでなく、生活にもハリがなく退屈な時間が増え、塞ぎがちになってしまうこともあります。体と心の健康を保つためにも、運動不足を解消しましょう。

散歩のために外に出る習慣を

ツイート

運動不足を解消するには自宅で家事のついでに体を動かしたり、買い物ついでに普段より多く歩いてみたり、気分転換を兼ねて散歩をするなど適度な運動を心がけましょう。

ウォーキングは筋力や体力を維持するのに効果があり、軽く息が上がるくらいの有酸素運動が理想とされています。しかし、無理は禁物ですので治療後すぐは、日常の中に軽い運動を取り入れる程度にとどめ体力が回復するにつれて徐々に運動量を増やしましょう。

外に出ることは、気分転換にもなりストレス解消にもオススメです。外に出る際は感染に注意する必要がありますので、医師とよく相談して体調を考慮しながら外に出る習慣をつけましょう。

テレビを見ながらできるストレッチ

ツイート

自宅でできる筋力や体力アップのできる運動としてテレビを見ながらのストレッチもおすすめです。自宅でのストレッチを行う際は、事前に医師に相談し専門の医療スタッフに効果的なストレッチの指導を受けることをオススメします。

自己流のストレッチはかえって筋肉に負担をかけてしまうことや、痛めてしまう原因にもなりますので専門家の指導を受けた上で、体調を考慮し無理のない範囲で行いましょう。

テレビを見ながらのストレッチはCM中などに気軽に行うことができますし、数セットこなすことができます。しかし、体調がいい日でも無理はせず決められたセット数以上の運動は行わないようにしましょう。