がん治療中に起こりやすい食欲不振とは?

ツイート

がんの治療で起こる食欲不振の症状は、治療による副作用だけでなくさまざまな原因で起こる可能性があります。

まず食欲不振になりやすい代表的な症状として抗がん剤治療や放射線治療による口内炎や吐き気・嘔吐、味覚障害などの副作用や、手術治療で消化器官などの外科的切除をした場合に食べ物が飲み込みにくくなったり詰まったりする嚥下障害や通過障害を起こします。

また治療中・治療後の睡眠不足や発熱、だるさ、痛みなどで体を起こすのがつらい場合も食欲不振を招くことがあります。この時、消化管の機能も低下していることがあり吐き気や嘔吐の症状の他に下痢や便秘などの症状を起こすことがありこの時はこまめに水分補給をすることが大切です。

がんの告知から精神的なストレスで不安や情緒不安、イライラなどの症状が現れる場合があり落ち込んでしまうことや考え込んでしまうことが食欲不振につながることもあります。

食欲をアップさせる盛り付け方

ツイート

がん治療は「食事を摂るのも治療のひとつ」といわれるほど、食事の時間はとても大切なものです。しかし、がんの治療の副作用や精神的な負担によって食欲不振になってしまったり、口の中のトラブルで食べやすいものを食べていたら味に飽きて食欲が落ちたりしてしまうことがあります。

そんな時は、食事の盛り付け方を工夫もすることで食欲アップが期待できます。食事をするときに患者さんによってはワンプレートの方が食欲進む場合や、反対に少量の食事でもたくさんの小鉢がある方が、食が進む方もいます。

好みやその日の気分に合わせて盛り付けを変えてみる、体調がいい日に家族や誰かと食事を作って一緒に盛り付けることも食欲をアップさせることができます。かかりつけの病院の主治医や看護師さん、管理栄養士に相談しながら自分に合った盛り付けや食欲をアップさせる方法を探しましょう。

緑・黄・赤色を使って見た目を鮮やかに

ツイート

食欲が湧かない時はうどんやおかゆなどの食べやすく消化の良いものを選びがちになってしまいます。しかし、味に飽きてしまったり見た目に飽きてしまったりしてすぐに食欲がなくなってしまうことも多々あります。

そんな時は、おかゆであれば、ねぎや梅干したくあんなどの緑・黄・赤色を上手く使うことで味の変化だけでなく見た目の変化から食欲がアップすることがあります。

また、複数のおかずを用意する時も、緑・黄・赤色を意識することで少量でも見た目も鮮やかにして食欲をアップさせることができます。