風邪やインフルエンザ・肺炎などの感染症

ツイート

がんの治療中は、感染から守る働きをする白血球のひとつである「好中球」が減少することなどで、免疫力が低下し感染を起こしやすい状態になっています。そのため、治療前に比べると風邪やインフルエンザ、肺炎などの感染症にかかりやく、なおかつ重症化することもあります。

感染症が疑われる症状は、37.5℃以上の発熱、寒気や震え、歯や口腔内のトラブル、下痢、吐き気など、人によって症状はさまざまなのですので、いつもと違う症状が現れたら早めに主治医に相談しましょう。

感染症を予防するには体を清潔に保ち菌に感染しないようにすることが大切です。がん治療によって免疫力が低下していますので人混みが多い場所や、不特定多数の人が触るドアノブやつり革などを触った後は手洗いを行い帰宅時も手洗いうがいを心がけましょう。

また傷があると傷口から細菌やウイルスが侵入しますので、ケガをしないだけではなく、ひどい手荒れや肌荒れなどにも注意しましょう。

貧血

ツイート

化学治療やや放射線治療は、がん細胞だけでなく正常な細胞も破壊してしまいます。特に血液をつくる骨髄は、治療の影響を受けやすく血液中の赤血球数が減少し、全身に酸素を運ぶヘモグロビンが不足して貧血が起こりやすくなります。

貧血になると、動悸や息切れ、頭痛、めまいなどの症状が現れます。しかし症状には個人差があり、自覚症状がないことも多いので、血液検査の時は正常値とご自身のヘモグロビンの値を確認しましょう。

貧血の症状があるときは、無理をせず安静に過ごすことが大切です。貧血の時に急に起きたり立ち上がったりすると、立ちくらみを起こしやすいので起きるときはゆっくり上半身を起こし、ひと呼吸おいてから立ち上がりましょう。

また食事も血液の元になるビタミン12やビタミンC、鉄分などを多く含む、鶏卵やレバー、牡蠣、オレンジ、ブロッコリー、などを摂るのがオススメです。

消化器系の副作用

ツイート

がんの治療によって消化器系の副作用として下痢と便秘が起こります。それぞれの特徴と対処法は以下の通りです。

■下痢
放射線治療を受けている人に生じる腸の障害を「放射線腸炎」といい、放射線の照射によって腸の粘膜が傷つき、食物や水分を消化・吸収できなくなることで起こります。また、化学治療でも、腸管の神経が刺激されて腸の動きが活発になると下痢になる場合があります。

どちらの場合も、治療開始から2週間ほどで起こり、便の回数が増える、便が泥状や水状になる、血便などの症状が現れる他に、肛門周辺の粘膜がただれて痛みを伴います。トイレ後はおしりを優しく拭き、低刺激の温水洗浄トイレを使用しましょう。

食事は消化の良いおかゆなどを選び、カリウムが豊富なバナナやリンゴなどを食べるのもオススメです。下痢が続く場合は脱水症状を起こしやすいため、こまめに水やスポーツドリンク、経口補水液などを摂取しましょう。

■便秘
がん治療によって腸の働きが弱くなると便秘になる場合があります。便秘を解消するには食物繊維の豊富な食事を心がけることが大切です。

また、定期的な排便習慣をつけることも便秘改善には効果が期待できます。胃や腸が活発になる朝食後に排便を試みることや、便意がなくても毎日同じ時間にトイレに行くようにしましょう。

下痢や便秘の症状が長く続く場合には病院を受診し、主治医と相談し薬を服用するほか食事を改善しましょう。

しびれや吐き気・めまいなど

ツイート

化学治療の副作用で起こるしびれは、症状の程度にもよりますが回復に時間がかかってしまいます。手や足に、ジンジンと重い痛みやピリピリとした痛み、温かさや冷たさを感じにくい、手先での操作がしにくい、手に持ったものを落としやすいなどの症状が現れる場合には主治医に相談しましょう。

しびれを解消するには手足を冷やさないこと、手指を動かすこと、衣類で手や足を圧迫する衣類を避けて神経を圧迫しないことが大切です。

吐き気や嘔吐も、がん治療の副作用で多くみられる症状の一つです。吐き気は薬で吐き気を抑えることができますので症状が現れた時は主治医に相談しましょう。

また、お腹いっぱいになると、吐き気が起こりやすいので食事は少量にして食べ物の匂いで吐き気が誘発される場合は匂いのきつくない食事を摂るようにしましょう。吐き気が起こりそうな場合は、冷水やレモン水でうがいや、氷を口に含むと口の中がすっきりして吐き気が治まることがあります。