がん治療の脱毛は一時的なもの

ツイート

がん治療のイメージを聞くと「脱毛」と答える人が大多数ですが、がんの治療によって起こる脱毛は全ての治療で起こるものではなく、放射線治療や化学治療で起こります。

放射線治療では、放射線が当たる部位に脱毛が起こるため、髪の毛だけではなくまつ毛や眉毛が抜けることや照射する部位の体毛が抜けると言われています。

また化学療法は薬の種類や量によって髪が抜けることがありますが、単に強い薬だから脱毛するわけではなく、抗がん剤治療を受ける人の体質や全身の状態で薬の種類・量で決まります。

がん治療で起こる脱毛は一時的なもので今後、髪や体毛が生えてこないわけではありません。がん治療の終了後の2~3カ月、通常で3~6カ月で徐々に髪や体毛が生えていきます。

がん治療を始めるにあたって髪が抜けることに抵抗感や落ち込んでしまうのは女性ばかりではなく、男性や子どもも同じようにショックを感じるものです。

そんな時、がん治療における脱毛は一時的なものであることを知っておくことで精神的な負担を和らげることも大切です。

副作用による脱毛が始まったら気を付けたいこと

ツイート

治療中の脱毛を完全に防ぐことは難しいですが、治療終了後の2カ月ごろから徐々に髪が生えはじめます。

脱毛は、放射線治療も抗がん剤治療も治療を開始してから2~3週間頃からはじまりますのであらかじめ、医師による説明や情報収集をして心構えをしておくことが大切です。髪の長い肩の場合は、長さがあることで多くの髪が抜けたように感じてしまいその分ショックを受けやすいことがあります。

また、髪が抜ける時に髪が絡まって頭皮を傷つけることもありますので、脱毛が始まる前に心とうまく折り合いをつけて、可能であればあらかじめ髪を短くして心の準備や脱毛時のトラブルに備えるといいでしょう。

脱毛時は入浴時の洗髪をためらってしまうことがありますが、脱毛中であっても皮脂によって毛穴がつまり皮膚炎などのトラブルを起こす可能性もありますので、ぬるめのお湯でしっかりと泡立てたシャンプーを使用して優しく頭皮を洗いましょう。

使用するシャンプーは特にトラブルがなければこれまで使用していたものを使用しても問題はありませんが、洗髪中に頭皮に痛みなどのトラブルがある場合には、低刺激の製品を使用しましょう。

髪の毛の抜け始めや治療後の注意点

ツイート

治療を開始して2週間目頃から脱毛がはじまり、約1~2週間程度で抜け落ちてしまいます。治療開始前や治療を開始して間もなく髪を短く切ることで脱毛のショックを和らげることができますがその場合でも、抜け落ちた髪の毛を目にするのは抵抗を感じるものです。

髪が抜けてしまう1~2週間はニット帽や被り心地の良い髪全体を覆うことができる帽子を着用し、就寝時にヘアキャップを被ることで抜けた落ちた髪を見る頻度は減り、抜けた髪の処理も簡単です。また粘着ローラーなどを用意しておくことで、衣類や寝具、絨毯などに付いた毛髪の掃除も簡単です。

治療後は2カ月目ごろから髪が徐々に生えてきます。経過を見ながら治療終了後1年を目安にカラーやパーマを行うことも可能ですが、治療後の頭皮は炎症やかぶれを起こしやすくなっていますので医師や看護師、美容師に相談してカラーやパーマを行いましょう。

カラー剤の場合は、髪の表面を染めるカラーリンスやヘアマニキュアを使用する人が頭皮のトラブルが起こりにくいとされていますので、どのカラー剤を使えばよいのか、使用できるヘアケア商品はあるのかなど医師や美容師に相談するといいでしょう。